taro 川崎市岡本太郎美術館
常設展示室 exhibition
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
常設展 「岡本太郎と渡仏記念展(1952)」  
  2018年9月28日(金)〜10月5日(金)  
  岡本太郎(1911-96)は、1930年から10年間、パリに滞在し、前衛芸術活動に参画しました。1940年、ドイツ・ナチスのヒットラーによるパリ侵攻により、岡本は帰国します。第二次世界大戦の後、岡本は、1952年11月に再度、フランスを訪れる機会に恵まれます。
この再渡仏を記念して、大阪の島屋において、1952年10月17日から22日まで、「渡仏記念 岡本太郎展」が開催されました。同展には、1952年時点における岡本の代表作が展示され、岡本の再渡仏に懸ける意気込みが感じられます。本展では、第二次世界大戦後、再び国際的な芸術活動を開始しようとする、当時41歳の岡本太郎の作品を紹介します。
 
 

《森の掟》1950年


 
会 期

2018年9月28日(金)〜10月5日(金)

  休館日 月曜日
  開館時間

9:30−17:00(入館16:30まで)

  観覧料

一般500円(400円)、高・大学生・65歳以上300円(240円)、中学生以下は無料

※()内は20名以上の団体料金
※2018年10月6日(土)からは一つの企画展「イサム・ノグチと岡本太郎 −越境者たちの日本―」としてお楽しみいただけます。

 


お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp

 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI