taro 川崎市岡本太郎美術館
常設展示室 exhibition
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
常設展 「岡本太郎−主題と文脈」展  
  2016年7月7日(木)〜10月10日(月祝)  
                     
 

岡本太郎の作品には意味があるのでしょうか、それとも無意味なのでしょうか。作品に付されたタイトルと、制作された状況、そして残された資料を交えて考え合わせると、岡本太郎の作品は、見る人に対し、その主題について、実に雄弁に語りかけてくれます。
本展では、明治・大正・昭和・平成の四つの時代を駆け抜けた前衛芸術家・岡本太郎の作品を制作された文脈と共にご紹介し、その主題について考察いたします。

 
 
岡本太郎 《傷ましき腕》
49再制作
岡本太郎 《空間》
1934年/54再制作

 
会 期 2016年7月7日(木)〜10月10日(月祝)
  会 場 川崎市岡本太郎美術館 常設展示室
  休館日 月曜日(7月18日、9月19日、10月10日を除く)祝日の翌日
  主 催 川崎市岡本太郎美術館 
  観覧料 2016年7月7日(木)〜7月15日(金)まで
一般500(400)円、高・大学生・65歳以上300(240)円、中学生以下無料 ( )内は20名以上の団体料金

2016年7月16日(土)〜10月10日(月祝)まで 一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円、中学生以下無料 ( )内は20名以上の団体料金

※企画展、常設展のセット料金になります。
  関連イベント ワンポイント・トーク
学芸員による「岡本太郎と前衛の作家たち」のギャラリートーク。
 
   日 時 : 7月10日(日)13:30〜14:00
 会 場 : 川崎市岡本太郎美術館 常設展示室 (要観覧料)
 
 


お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp

 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI