taro 川崎市岡本太郎美術館
常設展示室 exhibition
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
予告 常設展 「岡本太郎―赤の衝動―」展  
  2017年4月13日(木)〜7月2日(日)  
                     
  岡本太郎は「あなたの好きな色は何ですか?」と尋ねられると必ず「赤」と答えていました。絵画作品でも象徴的に使われている「赤」は岡本太郎にとって炎や太陽、血、そして命の色でした。
抽象絵画をこころざしたパリ留学中から1980年代にいたるまで、岡本は赤の色彩をもちいた作品を数多く描いています。 本展では、そんな岡本が生涯描き続けた「赤」の作品をご紹介します。
 
 
《傷ましき腕》
岡本太郎_1936/1949年_
《青空》
岡本太郎_1954年_

 
会 場 川崎市岡本太郎美術館 常設展示室
  会 期 2017年4月13日(木)〜7月2日(日)
  休館日 月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(祝日の翌日が土日にあたる場合を除く)
  観覧料 2017年4月13日(木)〜4月21日(金)まで
一般500(400)円、高校・大学生・65歳以上300(240)円、中学生以下は無料。
2017年4月22日(土)〜7月2日(日)
一般1,000(800)円高校・大学生・65歳以上800(640)円、中学生以下は無料。
※( )内は20名以上の団体
 常設展 常設展「みんなが見たい!太郎セレクション 2017」展
  岡本太郎の代表的作品・人気作品が一堂に集結!
 
  2017年1月13日(金)〜4月9日(日)  
                     
  この展覧会では、来館者のみなさんの声を反映した展示にするため、2016年7−9月にアンケートを実施し、「好きな作品」・「見たい作品」を答えていただきました。合計508件のご回答をもとに「太郎セレクション2017」を選出しました。
アンケートで上位に入った作品を中心に、岡本太郎の人気作品・代表的作品を一挙にご紹介します。話題のあの作品や隠れた人気作品など、どうぞお見逃しなく!
 
 
《森の掟》1950年 《午後の日》1967年_陶

 
会 場 川崎市岡本太郎美術館 常設展示室
  会 期 2017年1月13日(金)〜4月9日(日)
  休館日 月曜日(祝日を除く)、3月21日(火)、3月22日(水)
  料 金 1月13日(金)〜2月2日(木)まで
一般500(400)円、高校・大学生・65歳以上300(240)円です。中学生以下は無料です。
※( )内は20名以上の団体料金。
2月3日(金)〜2017年4月9日(日)
一般700(560)円、高校・大学生・65歳以上500(400)円です。中学生以下は無料です。
※( )内は20名以上の団体料金
*企画展開催期間中は、企画展とのセット料金に変ります。
  関連イベント ワンポイント・トーク
  学芸員による「みんなが見たい!太郎セレクション2017」展のギャラリートーク。
 
   会 場 : 川崎市岡本太郎美術館 常設展示室 (要観覧料)  
 


お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp

 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI