taro 川崎市岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
  予告 企画展 「岡本太郎×建築」展
   Okamoto Taro×Architecture
   ─衝突と協同のダイナミズム―
 

 
岡本太郎《太陽の塔》
ドローイング_1967年、岡太郎記念館蔵
  岡本太郎《日の壁》
原画_1956年_岡本太郎記念館蔵

  2017年4月22日(土)〜7月2日(日)  
  1964年、アジアで初めてのオリンピック開催にわきたつ東京。丹下健三の名作である国立屋内総合競技場(現・国立代々木競技場)は、吊り構造の屋根をもったダイナミックな美しい造形で、この祭典の象徴となった建築でした。岡本太郎はこの競技場のために、色鮮やかな陶板壁画のシリーズを制作しています。岡本にとって丹下健三とのコラボレーションは、1957年の旧東京都庁舎での壁画連作、東京オリンピック、そして1970年の日本万国博覧会での「大屋根」と「太陽の塔」へとつながっていく、高度経済成長期のまさに国家的プロジェクトというべき大舞台になりました。 壁画やモニュメントを数多くのこした岡本ですが、それらは親しく交流した建築家たちとの関係から生まれたものが少なくありません。丹下健三をはじめ、1930年代からの知己である坂倉準三や、アントニン・レーモンド、磯崎新といった建築家たちとの関わりや協同のなかで、岡本太郎の仕事は「美術」の枠を大きく超えて、豊かな広がりを獲得しえたのでしょう。本展は、日本が大きく飛躍をした時代、共に「伝統」と「創造」について議論し、都市と時代を見つめた岡本太郎と建築家たちの交流に焦点をあて、建築と美術の協同の一つのかたちについてご紹介いたします。

■展示構成案

    1)坂倉準三/日本橋島屋地下通路壁画「創生」、岡本太郎邸
    2)丹下健三/旧東京都庁舎 壁画「日の壁」、国立屋内総合競技場壁画
    3)アントニン・レーモンド/デッブス邸茶室 浴室設計、レーモンドの絵画・家具
    4)いこい島、東京計画1960
    5)磯崎新会場構成、1964年「岡本太郎」展再現展示
    6)岡本太郎《明日の神話》「マミ会館」
    7)日本万国博覧会/大屋根・太陽の塔・お祭り広場
 
 

  ―開催概要―

  主 催 川崎市岡本太郎美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  協 賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
  協 力 株式会社サカワ、株式会社堀内カラー、独立行政法人日本スポーツ振興センター
  会 期 2017年4月22日(土)〜7月2日(日)
  会 場 川崎市岡本太郎美術館 企画展示室
  休館日 月曜日
  開会時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
  観覧料 一般1,000円(800円)、高・大学生・65歳以上800円(640円)
中学生以下 無料/( )内は20名以上の団体料金
 
 

  ―関連イベント―

  ◆レクチャーシリーズ「建築とアート」
企画・司会:藤原徹平(建築家・本展会場構成)


第1回 鈴木了二(建築家)
日時:5月13日(土) 14:00−
第2回 青木淳(建築家)
日時:5月20日(土) 14:00−
第3回 中山英之(建築家)
日時:5月27日(土) 14:00−
第4回 名和晃平(彫刻家)
日時:6月3日(土) 14:00−

場所:美術館ガイダンスホール、企画展示室
定員:各回70名程度(要予約・要観覧券)
申し込み:電話のみ(044-900-9898)先着順 
4月22日(土)10:00から受付開始

  ◆ワークショップ「まちをつくろう─ぼくらのいこい島」

岡本太郎の考えた「いこい島」をみんなで作るワークショップです。
日時:2017年5月5日(金・祝)、6日(土) 13:00〜16:00
場所:美術館ギャラリースペース
対象:どなたでも
料金等:申し込み不要・参加費無料

  ◆映像上映

「かわった形の体育館(総集編)」1964年(資料提供:清水建設株式会社)約20分
「日本万国博覧会1970年テーマ館「太陽の塔」制作記念フィルム」 約20分
日時:4月22日(土)、4月30日(日)、6月25日(日)、7月2日(日) 14:30〜
会場:美術館ガイダンスホール
定員:各回70名(当日先着順・無料)

 
   企画展 「第20回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展
The 20th Exhibition of the Taro Okamoto Award for Contemporary Art
 
  2017年2月3日(金)〜4月9日(日)  

「第20回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展ポスター

  時代を創造する者は誰か!
時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立されました。今年で20回目をむかえる本賞では、499点の応募があり、厳正な審査を行いました結果、26名(組)が入選をはたしました。
作品は、様々な機会をとらえて公表するとともに、「第20回岡本太郎現代芸術賞」展にて公開いたします。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品をご覧ください。
 
 
「第20回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)受賞者が決定しました。」
今回の受賞式では岡本太郎賞(1点)、岡本敏子賞(1点)、特別賞(3点)が選ばれました。
   
 
岡本太郎賞(賞金200万円)
作家名=山本 直樹/YAMAMOTO Naoki
受賞作品《Miss Ileのみた風景》
岡本敏子賞(賞金100万円)
作家名=井原 宏蕗/IHARA Koro
受賞作品《cycling》
特別賞
作家名=あべ ゆか/ABEYUKA.
受賞作品《BE GOD.》
作家名=井上 裕起/INOUE Yuki
受賞作品《salamander[F1]》
作家名=黒木 重雄/KUROKI Shigeo
受賞作品《One Day》
 
 
   【入選者/作品名】
井口 雄介/IGUCHI Yusuke《360》
石野 平四郎/ ISHINO Heishiro《紅い波》
因幡 都頼/INABA Torai《平成炎上図》
繪畑 彩子/EBATA Ayako《人生はひまつぶし》
岡野 里香/OKANO Ricca《Myself》
奥村 彰一/OKUMURA Shoichi《おてんば納涼図》
加藤 真史/KATO Masashi《Vacancy》
川上 幸子/KAWAKAMI Sachiko《Genom》
工藤 千尋/KUDOU Chihiro《王国の入り口(と、出口)》
後藤 拓朗/GOTO Takuro《先端絵画掲示板》
Scott Allen/Scott Allen《spring》
鈴木 伸吾/SUZUKI Shingo《枯山水 南の島》
照屋 美優/TERUYA Miyu《Room+》
毒山 凡太朗/DOKUYAMA Bontaro《経済産業省 第四分館》
冨田 美穂/TOMITA Miho《388全身図U》
ナルコ/narco《八方睨みのサルトル》
福嶋 幸平/FUKUSHIMA Kohei《生の間》
福本 歩/FUKUMOTO Ayumi《タオ・マーケット》
MYU mikki/MYU mikki《deep time》
山田 弘幸/YAMADA Hiroyuki《慾玉》
ユアサ エボシ/YUASA Ebosi《GHQ PORTRAITS》
(50音順)
出品作品入選者による 平面、立体、映像、インスタレーション作品 他 26点
 
 

  ―開催概要―

  会 場 岡本太郎美術館 企画展示室
  会 場 2017年2月3日(金)〜4月9日(日)
  主 催 川崎市、川崎市岡本太郎美術館
公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団
  開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
  休館日 月曜日(3月20日を除く)、3月21日(火)、3月22日(水)
  観覧料 一般700(560)円、 高・大学生、65歳以上500(400)円
中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
※本料金で常設展もご覧いただけます。
 
 

  ―関連イベント―

  1)第20回TARO賞ギャラリートーク
  第20回TARO賞作家によるギャラリートークを行ないます。
  開催時間  14:00〜15:00(予定)
◆2/12(日)鈴木伸吾、井上裕起、繪畑彩子、福本歩
◆2/19(日)奥村彰一、井原宏蕗、照屋美優、加藤真史、井口雄介、山本直樹、因幡都頼
◆3/12(日)ユアサエボシ、MYU mikki、山田弘幸、福嶋幸平、石野平四郎、ナルコ
◆3/26(日)岡野里香、黒木重雄、あべゆか、Scott Allen
◆4/9(日)工藤千尋、冨田美穂、川上幸子、後藤拓朗、毒山凡太朗
  2)来館者による人気投票「お気に入り作品を選ぼう!」
  展示されているTARO賞入選作品26点の中から、来館者にお気に入り作品を投票していただきます。投票の結果は、ホームページその他で発表するとともに、上位の作家には記念品を進呈します。
  日時 : 2月3日(金)〜3月20日(月祝)
  料金 : 無料(観覧料が必要です)
  場所 : ギャラリースペース
  結果発表 : 2017年3月23日(木)(予定)
  3)お手紙プロジェクト
  鑑賞者の作品に対する思いや感想を共有する試み、「手紙プロジェクト」を実施します。展覧会出口近くに設置するコーナーにて、来館者に入選作家や作品に対してメッセージを書いてもらう企画です。
  日時 : 2月3日(金)〜3月下旬
  4)角砂糖で街をつくろう
  内容:お砂糖に囲まれた作品のなかで、美術作家の山本直樹と角砂糖で街をつくります。
「東京タワーはあそこ」「ここはわたしの家」「道路をもっと広くしよう」等、楽しく語らいながら作品をつくりませんか。
  講師:山本直樹(岡本太郎賞受賞)
  場所:企画展示室内
  料金:無料 (要観覧料)
  対象:どなたでも(当日先着順)・入れ替え制(30分)で一回あたり2名まで
※入室時に雨カッパを着用していただきます(砂糖付着防止のため)
雨カッパはこちらで用意しています。
  日時:
◆3月4日(土)10:15〜16:30
◆3月5日(日)10:15〜16:15
◆3月11日(土)10:15〜16:30
◆3月12日(日)10:15〜16:15
◆3月18日(土)10:15〜16:30
◆3月19日(日)10:15〜16:30
◆3月20日(月祝)10:15〜16:30
◆3月25日(土)10:15〜16:30
※3月26日(日)のワークショップはございません。
  4月スケジュール
◆4月1日(土)10:15〜16:30
◆4月2日(日)10:15〜16:15
◆4月8日(土)10:15〜16:30
◆4月9日(日)10:15〜16:15

  5)【第20回岡本太郎現代芸術賞展特別イベント】
URA TARO SHOW!! 劇団★死期が美術館をジャック!?
3月1日(水)〜4月9日(日)
  <オルタナティブ人形劇団「劇団★死期」が、期間限定で岡本太郎美術を乗っ取っちゃう!?>というストーリーのもと様々なイベントを行ないます。いつもと違った美術館のたのしみかたを体験できるかも?
イベント期間:3月1日(水)〜4月9日(日)
  ◆音声ガイドジャック!?
   〜美術館乗っ取りの第一歩!?地獄の学芸員の悪だくみを阻止せよ!〜
  可愛い人形たちの声と共に、オリジナルストーリーの世界を楽しみながら美術館を巡りましょう。一緒に美術館を巡りましょう。劇団★死期オリジナル音声ガイドを貸し出しいたします。
  日時:3月1日(水)〜4月9日(日)
  料金:300円 (通常の音声ガイドも含まれます)
  場所:常設・企画展示室
  ◆ギャラリーツアージャック!?
   〜勝手に超現代美術編〜
  ガイドツアーはいただいた!アート探偵ゲンダイチコースケシリーズの人形劇でギャラリーツアー。専門用語多めのいつもと違った案内に、みなさんついて来れるかな!?人形たちがライブ感溢れるギャラリーツアーを行います。
  日時:3月19日(日) 14:00〜、25日(土) 14:00〜
  対象:全年齢
  場所:常設・企画展示室
  料金:展示会観覧料のみ 予約不要
  ◆TARO賞をジャック!?
   〜URA TARO SHOW!!開催だ!!〜
  3月1日より、お客様参加型の特設ブースが出現!そこでお客様からアート作品のアイデアを大募集。ここではみんながアーティストだ。名作、ボツ、級、駄作、現実不可能、なんでもアリ。つくるのはたいへん、でも考えるだけなら出来そうだよ!アイデア用紙に書いて貼っていこう!
人形劇〜URA TARO SHOW!!〜のミニ公演と共に、みなさんから寄せられたアイデアを紹介するトークイベントも行います。
(トークショーゲスト:審査委員として合田家)
  日時:特設ブース 3月1日(水)〜4月9日(日)
  イベント:4月2日(日)14:00〜
  対象:全年齢
  場所:ギャラリースペース
  料金:無料 申込不要
  美術集団・オルタナティブ人形劇団「劇団★死期」とは?
  美術家の岡田裕子主宰、会田誠を顧問とした、人形劇をあまりやらない神出鬼没な人形劇団。美術館での実験的人形劇から、交流型野外パフォーマンス、書籍出版、映画制作まで、変幻自在にアートとその周辺の境界線をまたぎ、実験を重ねるパフォーマンス集団。2015年秋、劇団★死期初の人形劇のノベライズである探偵小説「ゲンダイチコースケの事件簿」を刊行。2016年、初の映画「NEW ENERGY CHIEMA PARADIES」を制作した
 
 
     ※その他イベント、イベントの詳細につきましては、当館ホームページで随時お知らせいたします。

   写真撮影・SNS等への画像掲載について

本展覧会は、出品作家にご協力いただき、来館された方が会場内を自由に写真撮影(動画は不可)できます。ブログ、SNS等への撮影画像掲載も自由です。会場や作品の写真がSNS等を通じてシェアされ、来館者と作家とのコミュニケーションのきっかけになればと考えます。
 
お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI