taro 川崎市岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
  企画展 「岡本太郎が愛した沖縄」展  
  2016年4月23日(土)〜 2016年7月3日(日)  
  岡本太郎は、1959年11月16日から12月3日まで、沖縄を訪問し、各地に残る沖縄独自の文化に触れ、その印象を、1961年には著書『忘れられた日本〈沖縄文化論〉』として発表しました。同書の「神と木と石」の一節において、岡本は「沖縄」のシャーマニズム的な面について深い感動を開陳しています。
 また、1966年12月24日から30日まで岡本は沖縄を再訪し、久高島において12年に一度、午年に行われる女性だけによる神事「イザイホ―」を取材し「神々の島・久高島(沖縄)」を発表しました。
そして、岡本は、久高島での感動がさめやらぬ翌1967年7月、1970年に大阪で開催された万国博覧会におけるテーマ展示プロデューサーに就任し、西洋近代合理主義には反する「べらぼうなもの」を造ることを宣言し、後の《太陽の塔》となる仮称《生命の樹》を制作することを発表しています。ここにも、岡本が「沖縄」での見聞を通して得た何かが確信としてあったものと考えられます。
 上述した通り、岡本は二度の沖縄訪問を通して創作活動において大きな影響を受けたものと考えられます。本展では、岡本太郎にとっての「沖縄」とは何であったのかについて、岡本太郎が撮影した写真と沖縄訪問前後の造形作品を通して紹介します。
 
 
岡本太郎《マスク》
1959年.jpg
岡本太郎《イザイホー》
久高島1966年12月撮影
 
 

  ―開催概要―

  会 期 2016年4月23日(土)〜 2016年7月3日(日)
  会 場 岡本太郎美術館 企画展示室
観覧料 一般800(640)円、高大学生・65歳以上 600(480)円、中学生以下は無料、()内は20名以上の団体料金
  休館日 月曜日、5月6日(金)
  主 催 川崎市岡本太郎美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
  協 賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
  協 力 沖縄テレビ放送、沖縄テレビ開発、東京シネマ新社、ショウエイ、内田長志
  助 成 公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
 関連イベント    
  記念講演会「岡本太郎の沖縄」  
 
  日 時 6月5日(日) 14:00〜
  講 師 安藤礼二(多摩美術大学准教授)
会 場 当館ガイダンス・ホール
  定 員 約70名
  参加費 無料
  『岡本太郎の沖縄』トーク・ショー
ドキュメンタリー『岡本太郎の沖縄』についてトーク・ショーです。
 
 
 
  日 時 6月19日(日)14:00〜
  講 師 葛山喜久氏(映画監督)& 山里孫存氏(映画プロデューサー)
会 場 当館ガイダンス・ホール
  定 員 約70名
  参加費 無料
  ショップにて沖縄物産展開催中!  
 
現在開催中の「岡本太郎が愛した沖縄」展にちなみ、この展覧会中に美術館ショップで 沖縄物産展を開催しています。
沖縄の名産品や沖縄限定品を多数販売しております。 ぜひ、お立ち寄りください。
  TAROカフェにて「岡本太郎が愛した沖縄」展 限定メニュー  
 
   この期間だけの限定メニューです。
OKINAWAスパムサンド 780円(税抜)
   沖縄の人気食材のスパムをサンドイッチにしました。スパムとチーズの相性抜群です。
ちゅらソーダ(ソフトドリンク)420円(税抜)
   沖縄の海をイメージしたパッションフルーツとオレンジの爽やかなソーダです。
オリオンビール(アルコール)560円(税抜)
お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI