taro 川崎市岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
 企画展 「第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」

 

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、 現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立され ました。

今年で22回目をむかえる本賞では、416点の応募があり、 創造性あふれる25名(組)の作家が入選をはたしました。 21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品を ご覧ください。


 
第22回岡本太郎賞 檜皮一彦
≪hiwadrome: type ZERO spec3≫  
第22回岡本敏子賞 風間天心
≪Funetasia≫

会期:2019年2月15日(金)−2019年4月14日(日)

―開催概要―
会期:2019年2月15日(金)−2019年4月14日(日)
休館日:月曜日、3月22日(金)
時間:9:30−17:00(入館16:30まで)
会場:川崎市岡本太郎美術館
観覧料:一般:700円(560円)、高・大学生・65歳以上:500円(400円)
中学生以下は無料、( )内は20名以上の団体料金
主催:川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団


入選者(50音順)
Art unit HUST(遠山 伸吾、臼木 英之) 秋山 佳奈子 赤穂 進
イガわ 淑恵 井口 雄介 大槌 秀樹 岡野 茜
革命アイドル暴走ちゃん 風間 天心 梶谷 令 國久 真有
佐野 友紀 塩見 亮介 瀧川 真紀子 武内 カズノリ
田島 大介 田中 義樹 服部 正志 檜皮 一彦
藤原 史江 本堀 雄二 MA JIAHAO 宮内 裕賀
宮田 彩加 吉田 絢乃

審査員:(50音順)
椹木 野衣:美術批評家/多摩美術大学教授
平野 暁臣:空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長
北條 秀衛:川崎市岡本太郎美術館館長
山下 裕二:美術史家/明治学院大学教授
和多利 浩一:ワタリウム美術館キュレーター

−関連イベントー

第22回TARO賞ギャラリートーク
入選作家が作品について解説します。

2月16日(土) 14:00〜 風間 天心、國久 真有、イガわ 淑恵、田島 大介、
            檜皮 一彦
3月10日(日) 14:00〜 藤原 史江、井口 雄介、梶谷 令、田中 義樹
3月24日(日) 14:00〜 宮内 裕賀、塩見 亮介、赤穂 進、武内 カズノリ
4月7日(日) 14:00〜 Art unit HUST、革命アイドル暴走ちゃん、
            秋山 佳奈子、吉田 絢乃
4月14日(日) 14:00〜 本堀 雄二、服部 正志、大槌 秀樹、宮田 彩加、
佐野 友紀

料金:観覧料のみ
※予定は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 
作家によるパフォーマンス
●國久真有パフォーマンス
國久真有による公開制作です。
3月10日(日)、3月30日(土)、3月31日(日)を除く会期中
時間:10:00〜17:00くらいまで(途中休憩のため退室あり)
●イガわ淑恵「民主主義キョウセイマシーン」体験
作品「民主主義キョウセイマシーン」が体験できます。
会期中の土日、3月21日(木・祝)10:00〜
21日(木・祝)は中止となりました。
時間:10:00〜17:00くらいまで(途中休憩のため退室あり)
●風間天心パフォーマンス
平成という時代の終わりに向けて行う儀礼のパフォーマンス「平成のむすび式」
3月10日(日)、24日(日)、4月14日(日)16:00〜
●檜皮一彦パフォーマンス
檜皮一彦による館内環境への緩やかな介入パフォーマンスです。
3月16日(土)・17日(日)・21日(木)・23日(土)・24日(日)
時間:12:00くらい〜閉館まで(予定)
●革命アイドル暴走ちゃんパフォーマンス
革命アイドル暴走ちゃんによるライブパフォーマンスです。
4月7日(日)、14日(日) 時間未定

※予定は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お気に入りを選ぼう!
展示されている入選作品の中から、ご来館の皆様にお気に入りの作品を投票していただくイベントです。
投票の結果は、HP等で発表するとともに、上位の作家には記念品を進呈します。

投票期間:2月15日(金)〜3月31日(日)
場所:ギャラリースペース
結果発表:4月2日(火)

お手紙プロジェクト
TARO賞の入選作家にお手紙を書いてみませんか?展示室出口の近くにコーナーを設置します。
作家からお返事がくるかも?
期間:2月15日(金)〜4月14日(日)
 予告 企画展 「岡本太郎と日本の伝統」  

 

1951年11月、岡本太郎は東京国立博物館において縄文土器と出会い、その4次元的な造形力に衝撃を覚え翌年、美術雑誌『みづゑ』に「四次元との対話−縄文土器論」を発表します。これに端を発し、岡本はいわゆる「わび」「さび」とは異なる、他の東アジア地域からの文化的影響を受容する以前の、本来の日本の文化、日本人の美意識とは何かについて考察を深め、1956年、著書『日本の伝統』として結実させています。
同書のために岡本は本来の日本と考えた文化事象を、自らシャッターを切ってカメラに収めています。縄文土器・土偶、京都の古刹の中世の庭など。その写真は、岡本が撮影した写真のなかでも、記録性を超えた写真芸術の高みにまで到達しています。
本展は、『日本の伝統』をもとに、岡本による写真作品を中心として、「日本の伝統」とは何かを再考する機会となることを願って開催します。



岡本太郎撮影 ≪土偶≫
東大人類学教室
1956年3月23日

 


―開催概要―

会  期:2019年4月27日(土)−6月30日(日)
会  場:川崎市岡本太郎美術館
時  間:9:30−17:00(入館16:30まで)
休 館 日:月曜日(4月29日、5月6日を除く)、5月7日(火)、8日(水)
観 覧 料:一般:900円(720円)、高校・大学生・65歳以上:700円(560円)
      中学生以下は無料、( )内は20名以上の団体料金
主  催:川崎市岡本太郎美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協  賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI