taro 川崎市岡本太郎美術館
常設展示室 exhibition
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
  みんなの読書会×川崎市岡本太郎美術館
「読書会、はじめての岡本太郎」
 
 

 岡本太郎の「青春ピカソ」を読んで、みんなで感想を話し合い、内容を深める会です。難しい知識や読書経験は必要ありません!いろいろな世代の人とコミュニケーションしましょう。簡単なワークショップもあります。 

 
 
  日 時 2016年5月29日(日) 13:00〜15:15
  対 象 高校生以上 30名
  費 用 無料(要観覧料)
  会 場 川崎市岡本太郎美術館創作アトリエ
  持ち物 課題本「青春ピカソ」
メールもしくはFAX(応募者多数の場合は抽選)
以下の必要事項を明記のうえ、メールまたはFAXでお申し込みください大人の方は、付き添いのみかご参加か明記ください。
抽選結果は、申込締切の2〜3日後にお知らせします。
  申し込み @応募プログラム名
A参加者全員の氏名
B年齢、C電話番号
Dメールアドレス(メールでのお申し込みの場合)
EFAX番号(FAX出のお申し込みの場合)
メール:event@taromuseum.jp
FAX: 044-900-9966
応募締切:5月18日(水)まで
 
  「岡本太郎と音楽ー響き・不協和音」展関連イベント
ミュージアム・コンサート「岡本太郎とモーツァルト」
 
 
常山こずえ 門野由奈 渡辺真帆 奥平華子
 
 

 岡本太郎は、少年時代は美術と音楽とどちらの道に進むか迷ったほど音楽を愛好していたといいます。パリに留学していた若き日、岡本太郎は「真空で明るく、隅々まで残酷にすき透った」モーツァルトの音楽にひかれ、強く心を打たれました。 今回のコンサートでは、常設展「岡本太郎と音楽─響き・不協和音」にあわせまして、岡本が心ひかれたモーツァルトの曲を、フルートと弦楽トリオの演奏にてお楽しみいただきます。

 
 
  日 時

2016年6月11日(土祝) 14:00〜

  開催場所 川崎市岡本太郎美術館ギャラリースペース
  申し込み等 申し込み不要(当日先着順・座席数80)
  出演者 フルート 常山こずえ
ヴァイオリン 門野由奈
ビオラ 池辺真帆
チェロ 奥平華子     詳細はこちら
  曲目(予定) モーツァルト フルート四重奏曲第1番 ニ長調 K.285
モーツァルト ディヴェルティメント 変ホ長調 K.563より、第6楽章
モーツァルト キラキラ星変奏曲/ 加藤泰徳編曲
モーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク
 
  《明日の神話》モザイク画展示
 
 

 岡本太郎の明日の神話をモチーフに青梅市にある社会福祉法人「泉会」 日の出舎の皆さんが、ベニヤ板のチップ24,000枚を使用し、横幅9mにもなるモザイク画の大作を制作。パワーあふれる作品を美術館に持ってきて展示をしますので、ぜひ見にきてください!

 
日 時 2016年6月4日(土)〜 8月26日(日)展示期間
  制 作 社会福祉法人「泉会」 日の出舎の皆さま
  場 所 川崎市岡本太郎美術館 ギャラリースペース
  対 象 どなてでも 
  参加費 無料
  応募方法 申し込みなし
 


お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
TEL:044-900-9898

関連イベントの日程や時間の変更は、随時ホームページでお知らせします。

 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI