taro 川崎市岡本太郎美術館
太郎入門 introduction
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
岡本太郎年表
岡本太郎関連書籍
岡本家の人々
 
  岡本太郎年表  
 
1911(明治44年)
2月26日/大貫家にて漫画家・岡本一平、歌人で小説家・岡本かの子の長男として、かの子の実家のある神奈川県橘樹郡高津村(現在の川崎市高津区二子)に生まれる。
 
1917(大正6年)6歳
4月/青山の青南小学校に入学するが1学期で退学し、私塾・日新学校、十思小学校と転校を繰り返す。
 
1918(大正7年)7歳
慶応幼稚舎に入学し、寄宿舎に入る。
  empty
1925(大正14年)14歳
2月/野口富士男ら同級生との同人誌のため、春のボートレース対抗試合に負けた悔しさを表現した《敗惨の歎き》を制作。
line
  empty
1929(昭和4年)18歳
3月/慶應普通部を卒業し、翌月東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学する。
12月/一平のロンドン軍縮会議の取材旅行に同行し渡欧するため、一家で箱根丸にて神戸港を出発。
line
  empty
1930(昭和5年)19歳
1月/マルセイユを経由してパリに到着。一平、かの子は取材のためロンドンに向かい、太郎は一人パリに残る。
7-8月/ロンドンのハムステッド・ヒースの両親のもとで夏休みを過ごす。
line
  empty
1931(昭和6年)20歳
3月/パリ郊外にあるセーヌ県ショアジー・ル・ロワのリセ「パンシオン・フランショ」(市立学校寄宿舎)で生活。
9月/パリ大学ソルボンヌ校でヘーゲル美学を受講する。
line
  empty
1932(昭和7年)21歳
1月/両親は帰国の途につく。
夏、ラ・ポエッシー街のポール・ローザンベール画廊にて、ピカソの作品《水差しと果物鉢》(1931年)に感動する。
10月/サロン・デ・シュール・アンデパンダン展に《空間》を出品する。以降、何年かにわたり出品する。
line
  empty
1933(昭和8年)22歳
12月/非具象芸術グループ「アプストラクシオン・クレアシオン(抽象・創造協会)」の展覧会に出品する。
line
  empty
1935(昭和10年)24歳
「アプストラクシオン・クレアシオン」のメンバーであるクルト・セリグマンと「ネオ・コンクレティスム(新具体主義)」を提唱し、手に届く実感のあるものを追究する。
7月/ジュンヌ・ユーロップ画廊で太郎とクルト・セリグマン、スイス人のウィリアミがグループ展を開く。
line
  empty
1936(昭和11年)25歳
1月/マックス・エルンスト、パトリック・ワルドベルグとグラン・ゾーギュスタン街の屋根裏で開かれたコントル・アタックの集会に参加し、ジョルジュ・バタイユの演説に感銘を受ける。 「アプストラクシオン・クレアシオン」を脱会する。
line
  empty
1937(昭和12年)26歳
6月/G.L.M.社より初めての画集『OKAMOTO』(ピエール・クールティオン序文)が刊行される。
10月/サロン・デ・シュール・アンデパンダン展に《傷ましき腕》を出品し、アンドレ・ブルトンに評価される。
line
  empty
1938(昭和13年)27歳
1月/国際シュルレアリスム・パリ展に《傷ましき腕》を出品。アンドレ・ブルトンらシュルレアリストらとの親交が深まる。
7月/バタイユからの推薦により、秘密結社「アセファル(無頭人)」に参加する。
パリ大学でマルセル・モースに師事し、民族学を学ぶ。
line
  empty
1939(昭和14年)28歳
2月18日/母・岡本かの子没(享年49)。
line
  empty
1940(昭和15年)29歳
6月/ドイツ軍によるフランス侵攻により、最後の引き揚げ船・白山丸で帰路につく。
line
  empty
1941(昭和16年)30歳
9月/第28回二科展に滞欧作品《傷ましき腕》《コントルポアン》など4点を特別出品し、二科賞を受賞。
11月/「岡本太郎滞欧作品展」を銀座三越にて開催。横光利一、藤田嗣治、岡鹿之助らがパンフレットに執筆。
line
  empty
1942(昭和17年)31歳
1月/現役初年兵として兵役につき、中国戦線へ。
line
  empty
1946(昭和21年)35歳
6月/約半年間の中国・洞庭湖近くの俘虜生活を経て復員。戦火により青山の自宅にあった作品の全てを焼失したことを知る。一平の疎開先である岐阜県加茂郡西白川村を訪ね再会する。鎌倉の川端康成宅、かの子の実家などを転々とする。
line
  empty
1947(昭和22年)36歳
4月/二科会員に推挙される。
上野毛にアトリエを構える。
9月/第32回二科展に《夜》《憂愁》を出品。
line
  empty
1948(昭和23年)37歳
花田清輝らと「夜の会」を結成し、前衛芸術運動を開始する。安部公房、埴谷雄高、野間宏、椎名麟三らが参加。
2月/日本アヴァンギャルド美術クラブの主催で「モダン・アート」展が開催される。
8月/「アヴァンギャルド芸術研究会」を発足。花田清輝、瀬木慎一、池田龍雄、勅使河原宏、山口勝弘、福島秀子、北代省三、平野敏子らが参加し、東大赤門前喜福寺を会合の場所とする。
9月/第33回二科展に《夜明け》を出品。
10月11日/父・岡本一平没(享年62)。一平のデスマスクを描く。以後、一平の後妻と3人の子供は太郎が引き取り生活の面倒をみる。
line
  empty
1949(昭和24年)38歳
2月/第1回日本アンデパンダン展に《赤い兎》を出品。
9月/第34回二科展に《重工業》を出品。
『新しい芸術の探求』(夜の会編)が月曜書房から出版される。
line
  empty
1950(昭和25年)39歳
1月/読売新聞社主催の「現代美術自選代表作十五人展」に前年再制作した《傷ましき腕》《露店》等を出品。
2月/第2回日本アンデパンダン展の開会日に食堂で「対極主義宣言」を読み上げ、対極主義美術協会の結成を呼びかけるが、賛同を得られず流会となる。9月 第35回二科展に《森の掟》を出品。
line
  empty
1951(昭和26年)40歳
11月/戦後に制作された作品を集めた「岡本太郎展」が日本橋三越で開催される。東京国立博物館にて縄文土器を見て衝撃を受ける。
line
  empty
1952(昭和27年)41歳
2月/縄文土器を見た衝撃を「四次元との対話―縄文土器論」として『みづゑ』に発表。
2月/第4回日本アンデパンダン展にモザイク・タイルによる壁画の第1作《太陽の神話》を出品。
3月/地下鉄日本橋駅に26メートルのモザイク・タイル壁画《創生》を制作。 常滑焼による作品《顔》を制作。
5月/パリでの「サロン・ド・メ」展に《夜明け》《堕天使》を出品。
10月/大阪・高島屋にて「岡本太郎展」渡欧記念展を開催。
11月/翌年にかけてヨーロッパを再訪し、マックス・エルンスト、ジャン・アルプらと再会。この頃よりスキーを始める。
line
  empty
1953(昭和28年)42歳
1−2月/パリ・クルーズ画廊にて個展。当時パリにいた海藤日出男、菅井汲、今井俊満、田淵安一らが手伝い、ヴェルニサージュにはザッキン、ソニア・ドローネー、バタイユ、ラゴン、ミショー、スーポーらが来訪。
4月/南仏・ヴァロリスのピカソのアトリエを訪ねる。
7月/日本のアヴァンギャルド芸術家約50人と瀧口修造、植村鷹千代ら批評家が加わって国際アート・クラブ日本支部が結成され、その代表に選出される。9月 ニューヨークのヒューゴー画廊にて個展。10月 日本橋・高島屋ショウウィンドーのディスプレイを担当。
東京国立博物館表慶館で開催された「ルオー展」を日本テレビで会場から生中継で解説。初のテレビ出演と思われる。
第2回サンパウロ・ビエンナーレに日本代表の1人として出品。
『青春ピカソ』(新潮社)を出版。
line
  empty
1954(昭和29年)43歳
6−10月/第27回ヴェネチア・ビエンナーレに日本代表として、坂本繁二郎とともに選出される。
8月/光文社より『今日の芸術―時代を創造するものは誰か』が刊行され、ベストセラーになる。
10月/坂倉準三設計によるアトリエが青山(現・岡本太郎記念館)に完成し、現代芸術研究所を設立。
一平の七回忌に多磨霊園にある墓碑へ陶の作品《顔》を設置。
line
  empty
1955(昭和30年)44歳
4月/淡交社主催の「実験茶会」の亭主として茶会を催す。
9月/第40回二科展に《瞬間》を出品。二科会第9室に若手作家を集めた特別室ができ、「太郎部屋」と呼ばれ注目される。
12月/現代芸術の会の第1回例会が開かれる。出席者は太郎のほか、丹下健三、亀倉雄策、柳宗理ら。以降毎月例会がもたれ、花田清輝、安部公房、丹下健三ら様々なジャンルの講師を迎える。
原爆と人間を象徴する大作《燃える人》を毎日国際展に出品。
ヘリコプターで東京・銀座の夜空に光で絵を描く。
line
  empty
1956(昭和31年)45歳
1月/島耕二監督のSF映画「宇宙人東京に現わる」の宇宙人等のデザイン、及び色彩指導を務める。
8月/東京・中央区築地にある松竹セントラル劇場にモザイク・タイル壁画《青春》を設置。
9月/東京大手町・大和証券ホールに陶板レリーフ壁画《踊り》を制作。
10月/丹下健三設計の(旧)東京都庁に11面の陶板レリーフを制作。
11月/日本橋・高島屋にてアート・クラブ、朝日新聞社主催の「世界・今日の美術」展を企画し、ジョルジュ・マチュー、サム・フランシス、ジャン・フォートリエらアンフォルメルの作家を多数紹介する。
縄文土器論を収録した『日本の伝統』(光文社)を出版。
line
  empty
1957(昭和32年)46歳
4-12月/「日本再発見―芸術風土記」を『芸術新潮』に連載し、日本各地を精力的に取材する。ミシェル・タピエが来日の際にジョルジュ・マチューを太郎に紹介。太郎はマチューの公開制作のためにアトリエの庭を提供する。アンフォルメルがブームとなる。
7-11月/第11回ミラノ・トリエンナーレに陶版画《陽》を出品。
line
  empty
1958(昭和33年)47歳
4月/国鉄(現在のJR)神田駅地下道に3面のモザイク・タイル壁画を制作。
5月/第3回日本現代美術展に《ドラマ》を出品。
9月/『日本再発見―芸術風土記』(新潮社)を出版。
line
  empty
1959(昭和34年)48歳
8月/武智鉄二演出のオペラ「ローエングリン」(東京国立競技場)の美術を担当する。
9月/第44回二科展に彫刻《動物》を出品。
11月/沖縄に旅行し、「御嶽」に感動する。
12月/長野県戸倉スポーツランドにモニュメント《動物》を制作。
東京都庁の壁画に対し、フランスの雑誌『今日の建築』の国際建築絵画大賞が授与される。
『画文集・黒い太陽』(美術出版社)を出版。
line
  empty
1960(昭和35年)49歳
6月/東京・銀座松坂屋中央ホールに《真夏の夢》をディスプレイする。
3-12月/「沖縄文化論」を『中央公論』に連載する。
line
  empty
1961(昭和36年)50歳
1月/『忘れられた日本<沖縄文化論>』(中央公論社)を出版し、毎日出版文化賞を受ける。
4月/草津白根山でスキー中に骨折。ギプスのはめられた足に想を得て、彫刻《あし》を制作。
6月/東京宝塚劇場・東宝劇団歌舞伎旗揚げ興行「寿二人三番叟」の美術を担当する。
8月/二科会を脱会する。
11月/東京・銀座、東京画廊にて個展。 カルピス相模原工場に、モザイク・タイル壁画《初恋》を制作する。
line
  empty
1962(昭和37年)51歳
4月/東京・後楽園ボウリングセンターにモザイク・タイル壁画《赤》《青》の2面を制作する。
11月/川崎市多摩川河畔に岡本かの子文学碑《誇り》を制作する。
12月/東京・池袋駅前広場にアルミ製クリスマス・モニュメント《メリー・ポール》を制作する。
line
  empty
1963(昭和38年)52歳
2-3月/フランス、イタリア、アメリカ、メキシコを旅行する。
7月/アントニン・レイモンドと協力してディヴス氏邸(東京・渋谷)に彫刻と壁画による浴室を制作する。
12月/東京・池袋駅前広場に東京オリンピックを記念して《ヴィクトリー・ポール》を制作する。
line
  empty
1964(昭和39年)53歳
1月/池袋・西武百貨店と銀座・東京画廊で個展を開催。会場構成は磯崎新による(名古屋、川崎、仙台、福岡、千葉、大阪を巡回)。
8月/東京オリンピック参加記念メダルを制作する。
10月/丹下健三設計による代々木国立競技場に陶板レリーフとモザイク・タイル壁画を制作。
12月/韓国に取材旅行に出かける。
『神秘日本』(中央公論社)を出版。
line
  empty
1965(昭和40年)54歳
1月/「岡本太郎の眼」を『週間朝日』に連載する。
8月/銀座・東京画廊にて梵鐘とろうそくの作品による「鐘と炎」展を開催する。
10月/名古屋・久国寺に梵鐘《歓喜》を制作。
line
  empty
1966(昭和41年)55歳
1月/旧正月行事取材のために香港、マカオへ取材旅行。
7月/伊豆・富士見ランドに高さ7,3メートルの彫刻に吊るした《太陽の鐘》を制作する。 11月/銀座・数奇屋橋公園に《若い時計台》を制作する。
12月/沖縄を再訪し、12年に1度行われるイザイホーの神事を取材する。
line
  empty
1967(昭和42年)56歳
6月/日本万国博覧会のテーマ館展示プロデューサーに就任する。
7−9月/テレビ映画「岡本太郎の探る中南米大陸」撮影のため、中南米に旅行する。
line
  empty
1968(昭和43年)57歳
1−2月/万国博へ国際協力の要請をするため、パリ、プラハ、ロンドンを歴訪。グルノーブル・オリンピックを視察する。
2月/メキシコのホテル、オテル・デ・メヒコの大壁画《明日の神話》制作のため、現地にアトリエを構える。
3月/万国博テーマ館展示の基本構想を発表。
6月/東京・銀座松屋にて「太郎爆発」展が開催される。会場構成は磯崎新。
9月/東京・大田区山王にマミ会館の建築設計をする。
『原色の呪文』(文藝春秋)、『画集・岡本太郎』(美術出版社)を出版。
line
  empty
1969(昭和44年)58歳
2月/ライター《火の接吻》が売り出される。
犬山ラインパークにシンボルタワー《若い太陽の塔》を制作。
8月/別府駅前サンドラック・ビルの外壁に陶板レリーフ壁画《緑の太陽》を制作。
メキシコにて《明日の神話》の制作を続ける。
line
  empty
1970(昭和45年)59歳
「わが世界美術史」を『芸術新潮』に1年間連載する。
3月/日本万国博覧会シンボルゾーン中央に《太陽の塔》《母の塔》《青春の塔》を含むテーマ館完成。テーマ館館長を務める。
7−9月/「TARO爆発」展がパリ、アルジェ、チュニスを巡回。
泉靖一との対談からなる『対談・日本列島文化論』(大光社)を出版。
line
  empty
1971(昭和46年)60歳
2月/日商岩井音羽マンションのインテリア構成を行う。
7月/パリ、フォーブル・サントノーレ芸術祭「街の美術館」に《樹人》を出品し、祭りの王様に選ばれる。
11月/名古屋のオリエンタル中村百貨店正面外壁に光る大壁画を完成。
『美の呪力―わが世界美術史』(新潮社)を出版。
line
  empty
1972(昭和47年)61歳
2月/札幌オリンピックの公式メダルを制作。
3月/山陽新幹線開通にあわせ、新幹線岡山駅に陶板壁画《躍進》を制作。
3−5月/ミュンヘン市ハウス・デル・クンストで開催された「シュルレアリスム」展に《傷ましき腕》を出品(パリ・ルーブル美術館内装飾美術館を巡回)。
5月/ミュンヘン・オリンピックの公式メダル制作。
line
  empty
1973(昭和48年)62歳
7月/飛行船(積水ハウス、全長56メートル)に絵を描く。
line
  empty
1974(昭和49年)63歳
3月/パリで版画集『アプストラクシオン・クレアシオン・アール・ノンフィギュラティーフ1931-36』が刊行され、アルプ、カンディンスキー、モンドリアンら代表作家30人の中に選ばれる。NHK放送センター・ロビーにレリーフ壁画《天に舞う》制作。
8月/きもの柄をデザインし、《TAROきもの》として発売される。
11月/パリのエディシオン・ポール・ネムーより、最初の版画集『絶対的、そして無目的に』(セリグラフィー)を刊行する。
12月/信州・野沢温泉にシュナイダー記念碑を制作。 諏訪大社近くにある「万治の石仏」に出会い絶賛する。
line
  empty
1975(昭和50年)64歳
1月/《太陽の塔》の永久保存が決定される。
3月/晴海の店舗システム・ショーに岡本太郎そっくりの人形(製作・七彩工芸)が出品され話題となる。
7月/パリ大学民族学教授ジャン・ルーシュのインタビューと撮影による「岡本太郎―マルセル・モースの肖像」が、イタリア・アゾロの映画祭で芸術家の伝記大賞を受賞。
10月/パリ国際センターに5枚の壁画を制作。
line
  empty
1976(昭和51年)65歳
1月/著作『美の呪力』の仏訳がパリのセゲール社より出版される。
1−2月/「TARO展―挑み・燃え・ひらく岡本太郎」が日本橋高島屋で開催される(パリ市ガリエラ美術館を巡回)。
3月/キリン・シーグラム社のロバート・ブラウン発売2周年記念に《顔のグラス》を制作。
4月/ガリエラ美術館での展覧会を記念して、版画集と画集が出版される。
11月/スペインに旅行し、翌年報知新聞に紀行を連載。
line
  empty
1977(昭和52年)66歳
スペイン国立版画院に、日本人で初めて銅版画が収蔵される。
12月/ベルギーで制作した創作デザイン・トランプが講談社より発売される。
『岡本太郎の挑戦するスキー』(講談社)を出版。
line
  empty
1978(昭和53年)67歳
9月/テレビ番組「もう一つの旅」撮影のため、パリ、マジョルカ島を経て、バルセロナにガウディの建築を見に行く。
10月/福山市・日本はきもの博物館中庭に《足あと広場》を制作。
line
  empty
1979(昭和54年)68歳
1月/「人生相談・にらめっこ問答」の連載を『週刊プレボーイ』(集英社)にて始める。 2月/札幌雪まつり30周年を記念するシンボル、大雪像《雪の女神》を制作。
9月/『岡本太郎著作集』(全9巻・講談社)が翌年にかけて出版される。
10月/作品集『岡本太郎』(平凡社)を出版。
line
  empty
1980(昭和55年)69歳
2月/新宿・小田急グランドギャラリーでの「挑む―岡本太郎」展を記念して、新宿駅西口広場で、絵画文字《挑む》の公開制作を行う。
4−5月/諏訪の御柱祭を取材する。
line
  empty
1981(昭和56年)70歳
3月/極彩色の鯉のぼり《TARO鯉》が発売される。
6月/テレビセミナー「マイコン時代」(TBS)に出演し、初めてコンピューターで絵を描く。
7−9月/山梨県立美術館で「岡本太郎」展が開催される。
11月/極彩色の絵のような文字100字が収録された画集『遊ぶ字』(日本芸術出版社)が刊行される。
「日立マクセルビデオカセット」のコマーシャルに出演。《梵鐘》を叩きながら叫ぶ「芸術は爆発だ!」の言葉が流行語大賞の語録賞を受賞。
line
  empty
1982(昭和57年)71歳
7月/青森県古牧温泉渋沢公園に、日本カッパ龍神祭りのシンボル《カッパ神像》を制作。
12月/オリジナルデザインのテレホンカードとして《遊ぶ字》のシリーズが日本電信電話公社(現在のNTT)より発売される。
『美の世界旅行』(新潮社)を出版。
line
  empty
1983(昭和58年)72歳
2月/山形県の観光スキー映画「山形は白い国、岡本太郎のスキー」に出演。
8月/京都じゅらくより、振袖・帯など発売される。
line
  empty
1984(昭和59年)73歳
4月/フランス香水フェアシンボル《香りの塔》を原宿ラフォーレ前に展示。
12月/フランス政府より芸術文化勲章を受ける。
line
  empty
1985(昭和60年)74歳
3月/筑波科学技術博覧会にシンボルモニュメント《未来を視る》を制作。
9月/横浜そごう屋上・太陽の広場にシンボルモニュメント《太陽》を制作。
11月/青山・こどもの城にシンボルモニュメント《こどもの樹》を制作。
12−2月/イギリス・オックスフォード近代美術館における「日本の前衛芸術」展に出品。
line
  empty
1986(昭和61年)75歳
4月/この月より日本テレビ「テレモンジャ」にレギュラー出演。「なんだこれは」が流行語になる。
12月/パリのポンピドゥー・センターで翌年2月にかけて行われた展覧会「日本の前衛美術」展に出品。
line
  empty
1987(昭和62年)76歳
3月/さよなら国鉄・新生JRの記念メダル《出発》を制作。
4−5月/NHK制作のテレビドラマ「ばら色の人生」に俳優としてレギュラー出演。
4月/青森県三沢市古牧温泉、古牧第三グランドホテルに《天平図》《長生夢幻》《端鳥》設置。
line
  empty
1988(昭和63年)77歳
2月26日/草月会館で岡本太郎喜寿を祝う会が行われる。
4月/岐阜未来博にシンボルモニュメント《未来を拓く》を制作。
9月/ダスキンのフリーデザインマットのコマーシャルに出演。翌年アメリカの第29回国際放送広告賞を受賞。
『自分の中に毒を持て』(青春出版社)を出版。
line
  empty
1989(平成元年)78歳
7月/フランス政府よりフランス芸術文化勲章を受章。
line
  empty
1990(平成2年)79歳
8月/岩手県藤沢町の縄文野焼祭・縄文サミットに参加。シンボルとして《縄文人》を展示。
line
  empty
1991(平成3年)80歳
4月/奥入瀬渓流グランドホテルのラウンジ中央に暖炉彫刻《森の神話》を制作。
5月/長野県野沢温泉村・名誉村民第1号を贈られる。
5月/東京都庁の新宿移転にともない、丸の内庁舎取り壊しが決定。56年に制作した陶板レリーフの保存運動がおこるが、9月に取り壊される。
11-12月/十二指腸潰瘍で慶應病院に入院。
12月/川崎市市民ミュージアムにて行われた「川崎生まれの鬼才―岡本太郎」展(4〜6月)を機に、川崎市に主要作品を寄贈。翌年、岡本太郎美術館の建設が発表される。
line
  empty
1992(平成4年)81歳
「岡本太郎の世界」が『美術手帖』5月号で特集される。
line
  empty
1993(平成5年)82歳
4-7月/浦安市舞浜の運動公園に《躍動の門》《五大陸》を制作。
10月/青森県三沢市の古牧チャペルに《歓びの鐘》を制作。
line
  empty
1995(平成7年)84歳
10月/翌年にかけて「岡本太郎」展の巡回(大阪高島屋、広島市現代美術館)。
line
  empty
1996(平成8年)
1月7日/急性呼吸不全にて死去。(享年84)
2月26日/草月会館草月プラザにてお別れ会「岡本太郎と語る広場」が開かれる。
line
 
小学校入学の頃の岡本太郎
小学校入学の頃の岡本太郎
 
敗惨の歎き
《敗惨の歎き》1925年
 
 
 
 
 
傷ましき腕1941年
《傷ましき腕》1941年
 
森の掟制作中1950
《森の掟》制作中(1950年)
 
 
 
 
 
縄文土器(撮影:岡本太郎)
縄文土器(撮影:岡本太郎、1956年)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日立マクセルCM1981年
日立マクセルCM(1981年)
 
 
 
 
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI