1911〜1920

 

『かろきねたみ』

岡本かの子
青鞜社 1912

『愛のなやみ』

岡本かの子
愛のなやみ 1919










 

一平の薦めで、木版手刷の第一歌集として刊行された。装丁は一平、口絵は和田英作。
第二歌集として刊行。収録されている歌は五三七首。