1991〜

 

『自分の中に毒を持て』

岡本太郎
青春出版社 1993

『母の手紙』

岡本太郎
チクマ秀版社 1993

『一平かの子』

岡本太郎
チクマ秀版社 1995

『沖縄文化論━忘れられた日本』

岡本太郎
中央公論社 1996
 

1988年の新書判が、文庫化されたもの。
1979年の版に、口絵写真を加えた新装・増補版。
父・一平、母・かの子に関する文章を集めたもの。「文壇的超文壇」など未発表原稿も収録されている。
中公文庫の1冊。「神々の島 久高島」「本土復帰にあたって」が増補として加えられている。