坐ることを拒否する椅子

個性的な生き物の椅子

岡本太郎らしいユニークな名前の作品です。腰掛ける面には大きな目や口があり、それぞれが個性的な生き物たちです。おしりの感触はごつごつとして、ゆったりとくつろぐことができません。太郎は、合理主義や機能主義を乗り越え、生活感や想像力を打ち出す椅子、精神的にも肉体的にも人間と対等の顔をする椅子をつくったといっています。太郎は生活の中に創造的な笑いを求めたのです。

住所:川崎市中原区等々力1-2 電話:044-754-4500 行き方:JR南武線・湘南新宿ライン・横須賀線・東急東横線・目黒線「武蔵小杉駅」北口(1番乗り場)より市営バス「市民ミュージアム前」下車、JR南武線「武蔵中原駅」より徒歩15分   制作年:1963年 設置年:1988年 メモ:開館時間/9:30-17:00(入館は16:30まで) 休館日/月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土日を除く)、年末年始
メニュー