岡本太郎 太郎と踊ろう

 
  主催:川崎市岡本太郎美術館
  協力:
小田急電鉄株式会社
東京急行電鉄株式会社

 

岡本太郎生誕100年イベントダンス公演。TAROと踊ろう !(上演作品:上田遙 作品、白河直子 作品、小池博史 作品)

岡本太郎生誕100週年プレイベントダンス公演。TAROと踊ろう! 上田遙作品、広崎うらん作品、珍しいキノコ舞踊団作品
岡本太郎生誕100年
上演作品プロフィール日程チケット情報会場(アクセス)お問い合せ


上演作品


上田遥 作品 振付・構成・演出:上田遙
出演: 玉野和紀、TAKA(Bugs Under Groove)、橘るみ、平多利江、上田はる美、
劇的演劇集団Kyu(膳亀利二郎、高谷大一、箆津弘順、清水フミヒト)、風間無限


白河直子 作品 振付・構成・演出: 大島早紀子
出演: 白河直子(H・アール・カオス)


小池博史 作品 振付・構成・演出: 小池博史(パパ・タラフマラ)
出演: 白井さち子、南波冴、石原夏実 ほか 
音楽: 藤井健介


pagetop



プロフィール


上田遥写真 上田 遥
1987 年「叫びと囁き」で全国舞踊コンクール第1位文部大臣奨励賞受賞。以降、熊川哲也主演映画、新国立劇場「キング・リア」では舞踏家田中泯・雅楽師東儀秀樹、大衆演劇の早乙女太一、2010 年日中友好舞踊歌劇「木蘭」の演出・振付では真琴つばさや黄豆豆等、幅広いジャンルのアーティストに接し活躍する演出・振付家である。。




広崎うらん写真 白河 直子(H・アール・カオス)
舞踊家。演出・振付家の大島早紀子と共にH・アール・カオス設立。国内外の全ての公演で主演を務めている。北南米・欧州・アジア等で実施してきた公演では、行く先々で常に最大限の賛辞を浴び続けている。新作ソロ「瀕死の白鳥」では圧倒的な存在感と卓越したダンスで観客を魅了した。'04 年文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞他受賞多数。


珍しいキノコ舞部団写真 小池 博史(パパ・タラフマラ)
1982 年、小池博史を中心に結成されたダンスシアターカンパニー。「舞踊」「演劇」「美術」「音楽」等の様々なジャンルを巻き込みながら舞台空間全体を一つのアートに築き上げる独自の手法は高く評価され、ベネチアビエンナーレ、ネクストウェイブ等、世界中からの招聘多数。35 カ国で上演。海外での作品制作も数多い。


pagetop


日程


日程表

pagetop


チケット情報


チケット:全席自由(入場整理番号あり)
一 般 : 2,500円
学割(小・中学生、高校、大学生) : 1,500円

※7月5日(火)チケット発売開始 ※学割、セット券はアンクリエイティブのみで取り扱い
※全席自由、桟敷席(一部イス席あり) ※公演中に座席を移動して頂く可能性もございます。
※TAROと踊ろう!のチケット(又は半券)提示で、公演当日に限り岡本太郎美術館の常設展を無料でご覧いただけます。

セット券(ご希望の公演を自由にお選び頂けます)
2公演セット券 : 4,000円
3公演セット券 : 6,000円
4公演セット券 : 8,000円


チケット取扱:

■アンクリエイティブ
Tel: 03-5458-0548
E-mail: office@ancreative.net

■JCDNダンスリザーブ
http://dance.jcdn.org/

■e+(イープラス)
http://eplus.jp/(PC、携帯共)

■カンフェッティ
Tel: 0120-240-540(平日11~18時)
http://confetti-web.com/

■電子チケットぴあ
Tel:0570-02-9999(Pコード413-682)
http://t.pia.jp/ (PC、携帯共)


pagetop



会場(アクセス)


会場: 川崎市岡本太郎美術館 企画展示室

岡本太郎美術館:http://www.taromuseum.jp/

小田急線向丘遊園駅南口より徒歩17分 。
駅から道なりに進み、ダイエーを左手に見ながら稲生橋交差点を渡って下さい。
そのまま直進し、生田緑地公園の入口から坂道を上がり、芝生広場の右手奥が美術館です。

岡本太郎美術館
〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5 
Tel: 044-900-9898





岡本太郎美術館 地図
pagetop


お問い合せ

アンクリエイティブ(受付時間 平日11~18時)   
Tel: 03-5458-0548 
Fax: 03-5458-0547 
E-mail: office@ancreative.net
http://www.ancreative.net/

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町29-24-510

pagetop
 








   
主催:川崎市岡本太郎美術館
協力: 小田急電鉄株式会社  東京急行電鉄株式会社 
企画・制作:アンクリエイティブ/運営: B.B.Productions/舞台: 若尾綜合舞台/宣伝美術デザイン:小山睦(mograph)