イベント

トークイベント「これからのデザイントーク」(1)

企画展景
※このイベントは終了いたしました。

「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」展関連イベントです。

戦後のデザイン運動を担い、現在もその活動を展開しつづける日本デザインコミッティーの
現在のメンバーをお迎えし、本展会場構成を担当した藤原徹平氏(建築家)の進行により、
「これからのデザイン」についてお話を伺います。

第1回は「これからのデザイン トーク1/グラフィックデザインはどう変わっていくのか?」
色部義昭氏、三澤遥氏をお迎えし、これからのグラフィックデザインの行方を探ります。

日時:11月27日(土)13:30~15:30
定員:各回40名
場所:ガイダンスホール
料金:無料(観覧券が必要です)
申込:11/5(金)10:00より電話受付、先着順

※事情により三澤さんは欠席となります。あらかじめご了承ください。
※第2回(12月11日)は「空間の力、家具の力」をテーマに、芝田文江氏、小泉誠氏を迎えてお話を伺います。

【講師プロフィール】

【司会】
藤原 徹平 FUJIWARA Teppei
建築家。本展覧会会場構成を担当。神奈川県生まれ。横浜国立大学大学院修了後、隈研吾 建築都市設計事務所に勤務。2009年よりフジワラテッペイアーキテクツラボ主宰。2012年 より横浜国立大学大学院Y-GSA准教授。主な作品として、<那須塩原市まちなか交流セン ターくるる>、<クルックフィールズ>、<泉大津市立図書館シープラ>など公共性の高 いプロジェクトを手掛けている。
横浜文化賞 文化芸術奨励賞、日本建築士会連合賞奨励賞、東京都建築士会住宅建築賞などを受賞。