今後の展覧会

「第26回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」

1969年《明日の神話》制作の様子 メキシコにて
1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。
この本には「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。
1996年、岡本太郎没、享年84歳。
その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞(2006年岡本太郎現代芸術賞に改称)、通称「TARO賞」が創設されました。彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。今年で26回目を迎えた本賞では、595点の応募があり、厳正な審査の結果、23名が入選を果たしました。
入選作品は、川崎市岡本太郎美術館「第26回岡本太郎現代芸術賞」展 にて公開いたします。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品をご覧ください。

みどころ


※各入選作品画像、入選作家によるパフォーマンス予定など詳細は、2023 年2月17日の授賞式後に公開します。


会期

2023年02月18日 (土)-2023年04月16日 (日)

開催概要

会期: 2023年2月18日(土)~2023年4月16日(日)
開館時間: 9:30-17:00(入館16:30まで)
休館日: 月曜日、2月24日(金)、3月22日(水)
観覧料: 一般700(560)円、高・大学生・65歳以上500(400)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
同時開催: 常設展「岡本太郎とにらめっこ」(会期:2月1日(水)~4月16日(日))
主催: 川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団

入選者(50音順・敬称略)

  • 足立篤史 ADACHI Atsushi
  • 池田はなえ IKEDA Hanae
  • 牛尾篤 
    USHIO Atsushi
  • 大洲大作 
    OOZU Daisaku
  • 奥野宏 
    OKUNO Hiroshi
  • 空箱二郎 KARABAKOJIRO
  • 川上一彦 KAWAKAMI Kazuhiko
  • 川端健太 KAWABATA Kenta
  • 澤井昌平
    SAWAI Shohei
  • 柴田英昭 SHIBATA Hideaki
  • 関本幸治 SEKIMOTO Koji
  • 高田哲男 TAKATA Tetsuo
  • 千原真実 CHIHARA Mami
  • 都築崇広 TSUZUKI Takahiro
  • ながさわたかひろ NAGASAWA Takahiro
  • 西除闇 
    NISI Joan
  • NISHINO HARUKA
  • 平向功一 HIRAMUKAI Kouichi
  • Hexagon artist®
  • 宮本佳美 MIYAMOTO Yoshimi
  • 山田愛 
    YAMADA Ai
  • 山田優アントニ YAMADA Yu Anthony
  • レモコ-レイコ lemoco-layco

出品作品

  • 入選者による平面、立体、映像、インスタレーション作品 他 23点

    • 審査員(50音順)

      • 椹木 野衣:美術批評家/多摩美術大学教授
      • 土方 明司:川崎市岡本太郎美術館館長
      • 平野 暁臣:空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長
      • 山下 裕二:美術史家/明治学院大学教授
      • 和多利 浩一:ワタリウム美術館キュレーター

      関連イベント

      お気に入りを選ぼうイベント画像

      お気に入りを選ぼう!


      第26回TARO賞入選作品の中から、ご来館の皆さまにお気に入り作品を投票していただきます。
      投票の結果は、当ホームページで発表するとともに、上位の作家には記念品を進呈します。

      投票期間:2月18日(土)~3月19日(日)
      場所: ギャラリースペース
      料金: 無料 ※展示作品をご覧になるには、観覧料が必要です
      結果発表:3月24日(金)(予定)

      お手紙プロジェクト画像

      お手紙プロジェクト


      作品の感想などを共有する「お手紙プロジェクト」。
      ご来館の皆さまに、入選作家や作品へのメッセージを書いていただく企画です。

      日程:2月18日(土)~4月16日(日)
      場所:ギャラリースペース