開催中の展覧会

「人のかたち:岡本太郎の人体表現」(2024/1/20~4/14)

岡本太郎《作家》1948年
 原色の鮮やかさやテーマ性が強い作品であるため、 ”人物を描く”という印象があまりない岡本太郎ですが、初期のパリ時代から晩年まで、描かれているテーマや中心的なモチーフの多くは、人の姿や顔、眼、その内面を含めた人間の在りようです。
絵の中に描き出された人々の姿は、オーソドックスな具象的な描写から、ユーモラスに擬人化されたキャラクター、ピクトグラムのように記号化されたものまで、制作時期によってさまざまに変遷しています。また絵画だけでなく、《太陽の塔》をはじめとする立体やモニュメントのモチーフにも、人の姿をかたどった作品はじつはとても多いのです。
 初期の代表作《傷ましき腕》から展開していったパリ時代の消失作品の流れも含めて、岡本太郎が描いた人のかたち、表現のヴァリエーション、その幅の広さにもぜひご注目してご覧ください。

 画像:岡本太郎《作家》1948年

みどころ


●岡本太郎が描いたさまざまな人物表現を、時代を追ってご紹介します。
 時代によって変遷していく岡本の画風を、人物の描き方に焦点を当ててご紹介する展示構成です。《傷ましき腕》《夜》《重工業》などの代表作とともに、消失したパリ時代の作品を原寸大パネルで展示することで、若き日の岡本の貴重な作例ともあわせてご覧いただけます。絵画だけではなく、彫刻作品、レリーフなどにも幅広く登場するモチーフを、ぜひ展示室で探してお楽しみください。

●作品とあわせて、岡本太郎の言葉もご紹介します。
 岡本の著作の中から、作品やテーマに関連した文章をご紹介します。《傷ましき腕》について「具象と非具象のからみあい、人間存在全体のコントンとした情感」をぶつけた作品だと述べています。若き日に哲学や民族学を学んだ岡本の描く人間像は、単なる表面上のモチーフにとどまらない、内面や葛藤の表出でもあるのでしょう。「眼にふれ、手にさわる、すべてに猛烈に働きかけ、体当りする。ひろく、積極的な人間像を自分自身につかむために。」言葉とあわせてご覧頂ければ幸いです。

●本展は、写真撮影可能です。
動画撮影、フラッシュ撮影、三脚・自撮り棒・ジンバル等の器材の使用は不可。
他の方の観覧の妨げになる撮影・過度な撮影行為はご遠慮ください。

主な作品

※画像をクリックしてご覧ください。
油彩    《傷ましき腕》《夜》《重工業》《作家》《美女と野獣》
彫刻    《顔》《午後の日》《こどもの樹》
レリーフ    《天に舞う》《躍進》
その他    パリ時代の消失作品原寸パネル    

会期

2024年01月20日 (土)-2024年04月14日 (日)

開催概要


会期: 2024年1月20日(土)~2024年4月14日(日)
開館時間: 9:30-17:00(入館16:30まで)
休館日: 月曜日(2月12日を除く)、2月13日(火)、3月21日(木)
観覧料: ●1月20日(土)~2月16日(金) ※常設展のみ開催
 一般500(400)円、高・大学生・65 歳以上300(240)円
●2月17日(土)~4月14日(日) ※企画展とのセット料金
 一般700(560)円、高・大学生・65 歳以上500(400)円
※( )内は20名以上の団体料金 ※中学生以下は無料


同時開催 企画展「第27回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」 会期:2月17日(土)~4月14日(日)

※開催期間等、変更になる場合がございます。最新の情報は当ホームページをご確認下さい。

「人のかたち:岡本太郎の人体表現」PR映像

人のかたち:岡本太郎の人体表現

■PR動画(97秒)


当常設展のPR動画です。
映像はこちら(Youtube)

関連イベント

河童帽

大・河童祭

オンラインコンテンツ・どこでもTAROアトリエで公開中の”第27弾「カンタン!河童帽」”をおうちで作って被って遊びに来ると、オリジナルシールをプレゼントします!(参加者1名につき1枚)
河童帽の作り方はこちら ⇒どこでもTAROアトリエ Vol27「カンタン!河童帽」

日時:2024年3月2日(土)・3日(日) 9:30~16:30
配布場所:美術館受付
対象:どなたでも
参加費:無料(要観覧料)


蘇るVR太陽の塔

「蘇るVR太陽の塔 Ver.6」


大阪万博で岡本太郎が担当した《太陽の塔》は、彼の代表作品として知られ、現在でも多くの人びとに親しまれています。
今回のイベントは、日本工業大学の学生が製作、再現した1970年当時の《太陽の塔》VRを見学するものです。
蘇った《太陽の塔》を体感してみませんか。

3月9日(土)・3月10日(日)11:00~16:00

★3/9・10は、ゴーグルを装着してVR体験ができます!
★常設展会期中は、常設展示室でVR体験映像の2D版上映を行います。(予定)

場所 ガイダンスホール(VR体験)
協力 日本工業大学情報メディア工学科


ワンポイントトーク

ワンポイントトーク

担当学芸員が常設展示の展示解説を行います。

日時:2024年3月10日(日)、4月13日(土)14:00~
解説:佐藤玲子 学芸員
場所:常設展示室
料金:観覧料のみ


人のカタチを描こう!

人のカタチを描こう!

太郎さんの表現する人を鑑賞し、自分なりの人のかたちを絵画制作します。
「人を描く」「人に描かれる」体験を通して、「人」に対しての考えを深め、
描く楽しさと人の作品をみて一緒に創作を楽しみましょう!

日時:3月20日(水祝)13:30~15:30
対象:小学生~大人 *未就学児は不可
定員:10名
場所:常設展示室・創作アトリエ
料金:300円+観覧料
申込:電話受付(3/6(水)10:00から受付開始)、先着順