開催中の展覧会

企画展

「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」

 戦後の復興からまもない1950年代の東京。ようやく人々の暮らしの中に、家具や道具のデザインへの意識が少しずつ広がりはじめる時期に、「国際デザインコミッティー」(現・日本デザインコミッティ-)は、戦後日本のデザイン運動の先駆けとして、国際交流やデザインの啓蒙を目的に創立されました。

 きっかけは、1953年にイタリアから届いた一通の招待状。この「第10回ミラノ・トリエンナーレ」への参加要請に応えるべく集ったのが、建築家の丹下健三や吉阪隆正、清家清、デザイナーの剣持勇、柳宗理、渡辺力、亀倉雄策、評論家の勝見勝、浜口隆一、瀧口修造、写真家の石元泰博、そして画家の岡本太郎でした。顧問には、坂倉準三、前川國男、シャルロット・ペリアンが名を連ね、時代をリードする多彩なジャンルの人々が顔を揃えました。

 「ミラノ・トリエンナーレ」への参加は、次の第11回展(1957年)に実現しますが、むしろ彼らの活動の軸となっていったのは、東京銀座の百貨店「松屋」の一画に設けられた売場に置くための商品選定と、併設の「デザインギャラリー」や催事場で行われた展覧会を通じたデザインの啓蒙でした。
通産省のGマーク「グッドデザイン商品選定制度」(1957年)に先んじて、百貨店という身近な舞台で始められたグッドデザイン運動は、ひろく人々の間に定着し、「日本デザインコミッティー」と改称された現在もなお、活発な活動が展開されています。

 本展では、「デザインコミッティー」の活動と創立メンバーらの交流に焦点を当てるとともに、そこから生まれたコラボレーションにも注目します。柳宗理《バタフライスツール》や森正洋《G型しょうゆさし》といった時代を代表するプロダクトとの繋がり、そして旧東京都庁舎(1957年)、香川県庁舎(1958年)、世界デザイン会議(1960年)、東京オリンピック(1964年)での協同。彼らが闊達な交流のなかで切り拓いた仕事の広がりと、デザイン・建築・美術など多領域を軽々と横断していく自由さは、転換期となる今の時代を突破する糸口になるかもしれません。

主な作品

みどころ


  • ●通産省の「Gマーク」制度(1957年)にさきがけて始められた、知られざる戦後日本のデザイン運動の原点ともいうべき活動を紐解くもの。
  • ●日本のミッドセンチュリーを代表するプロダクトデザインと、「デザインコミッティー」との関わりをエピソードとともにご紹介。
  • ●個性ゆたかな創立メンバーの顔ぶれとその交流に注目し、そこから派生した同時代のデザインや建築の動きのなかで、「デザインコミッティー」が果たした「サロン」としての役割にも注目。
  • ●コミッティーのメンバーが企画を行う「デザインギャラリー」の展示のうち、第1回「わたしの好きなデザイン」展(1964年)と、イサム・ノグチを取り上げた第4回「あかり」展(1964年)、石元泰博の写真展となった第24回「桂」展(1966年)に注目し、部分的な再現展示も行う。


展示構成


1章 デザインコミッティ―創立 -前夜と交流
2章 国際交流とデザインの普及 -ミラノ・トリエンナーレとグッドデザインコーナー
3章 サロンとしてのデザインコミッティ―
4章 デザインギャラリーの展開

※本企画展は、一部、写真撮影できるコーナーがございます。
(動画撮影、フラッシュ撮影、三脚・自撮り棒・ジンバル等の器材の使用は不可)

会期

2021年10月23日 (土)-2022年01月16日 (日)

開催概要

会期: 2021年10月23日(土)~2022年1月16日(日)
開館時間: 9:30-17:00(入館16:30まで)
休館日: 月曜日(1月10日を除く)、11月4日(木)、11月24日(水)、12月29日(水)~1月3日(月)、1月11日(火)
観覧料: 一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
主催: 川崎市岡本太郎美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛: ライオン、DNP 大日本印刷、損保ジャパン、日本テレビ放送網、天童木工、堀内カラー、東リ
特別協力: 日本デザインコミッティー
協力: 松屋、多摩美術大学アートアーカイヴセンター、国立近現代建築資料館
会場構成: フジワラテッペイアーキテクスラボ
助成: 芸術文化振興基金
同時開催: 常設展「生誕110周年 ベラボーな岡本太郎」

※開催期間等は変更になる場合がございます。最新の情報は当ホームページにてお知らせいたします。

「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」PR映像

戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡

■PR動画(115秒)


当企画展のPR動画です。
映像はこちら(Youtube)※音が鳴ります。(別ウィンドウで開く)

関連イベント

トークイベント「これからのデザイントーク」


戦後のデザイン運動を担い、現在もその活動を展開しつづける日本デザインコミッティーの
現在のメンバーをお迎えし、本展会場構成を担当した藤原徹平氏(建築家)の進行により、
「これからのデザイン」についてお話を伺うトークイベントです。

定員:各回40名
場所:ガイダンスホール
料金:無料(観覧券が必要です)
申込:11/5(金)10:00より電話受付、先着順



■第1回「これからのデザイン トーク1/グラフィックデザインはどう変わっていくのか?」
 色部義昭氏×三澤遥氏 司会:藤原徹平氏



 グラフィックデザインの新しい展開をつくってきた講師のお二人より、斬新な発想、実践を
 ご紹介頂き、それを基点として、これからのグラフィックデザインの行方を探ります。

   ●日時:11月27日(土)13:30~15:30
   ※事情により三澤さんは欠席となります。あらかじめご了承ください。

■第2回「これからのデザイン トーク2/空間の力、家具の力」
 柴田文江氏×小泉誠氏 司会:藤原徹平氏


 講師のお二人による実践のプレゼンテーションを軸として、「空間の力」とは、「家具の力」
 とは何かということを、もう一度原点から問い直します。何のために空間をつくるのか、
 家具や道具をつくることにどのような意味があるのか、2つの力の意義を、未だコロナ禍にある
 現在から再考察していきます。

   ●日時:2021年12月11日(土)13:30~15:30


講師紹介



色部 義昭 IROBE Yoshiaki
 グラフィックデザイナー、アートディレクター。1974年千葉県生まれ。東京藝術大学大学院修士課程を修了し、現在は株式会社日本デザインセンター取締役、同社内で色部デザイン研究所を主宰している。Osaka Metro等のブランディングや市原湖畔美術館、東京都現代美術館などの公共施設のVIやサイン計画などを手掛けている。亀倉雄策賞、ADG賞、SDA賞など数々を受賞している。

三澤 遥 MISAWA Haruka
デザイナー。1982年群馬県生まれ。武蔵野美術大学工業デザイン学科卒業後、デザインオフィスnendoを経て、2009年より日本デザインセンター原デザイン研究所に所属。2014年より、三澤デザイン研究室として活動を開始。主な仕事として「waterscape」、「散華プロジェクト」、「「UENO PLANET」」などを手掛ける。2019年に毎日デザイン賞を受賞。著作活動などにも臨んでいる。

柴田 文江 SHIBATA Fumie
プロダクトデザイナー。武蔵野美術大学工業デザイン学科卒業後、大手家電メーカーを経て、Design Studio Sを設立。エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器、ホテルのトータルディレクションなど、国内外のメーカーと幅広いプロジェクトを進行している。iF金賞(ドイツ)、red dot design award、毎日デザイン賞、Gマーク金賞など数々を受賞している。

小泉 誠 KOIZUMI Makoto
家具デザイナー。1960年東京都生まれ。デザイナー原兆英と原成光に師事し、1990年Koizumi Studio設立。2003年に「こいずみ道具店」を開設。建築から箸置きまで生活に関わる全てのデザインを手がけ、現在は日本全国のものづくりの現場を駆け回り地域との恊働を続けている。2012年には、毎日デザイン賞受賞。2015年日本クラフト展大賞を受賞。武蔵野美術大学名誉教授。


藤原 徹平 FUJIWARA Teppei
建築家。本展覧会会場構成を担当。神奈川県生まれ。横浜国立大学大学院修了後、隈研吾建築都市設計事務所に勤務。2009年よりフジワラテッペイアーキテクツラボ主宰。2012年より横浜国立大学大学院Y-GSA准教授。主な作品として、<那須塩原市まちなか交流センターくるる>、<クルックフィールズ>、<泉大津市立図書館シープラ>など公共性の高いプロジェクトを手掛けている。横浜文化賞 文化芸術奨励賞、日本建築士会連合賞奨励賞、東京都建築士会住宅建築賞などを受賞。


「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティ―の人々とその軌跡」展ギャラリートーク


学芸員が展覧会のみどころや作品についてわかりやすく解説します。

日 時: 12月18日(土)、12月26日(日)、2022年1月10日(月・祝) 14:00~
場 所: 企画展示室
対 象: どなたでも
料 金: 観覧料のみ


常設展

「生誕110周年 ベラボーな岡本太郎」

 岡本太郎の代表作の一つとして知られる《太陽の塔》は、1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のテーマ館として作られました。大阪万博のテーマ「人類の進歩と調和」のもと、会場には近未来的なパビリオンが配置され、世界各国の新技術や文化が集結。一方で、万博のテーマ館プロデューサーに就任した太郎は、このテーマに疑問を呈し「ベラボーなものを作る」と宣言します。そしてモダニズムとは正反対の、太古の昔からそこに生えていたような“ベラボーな”塔を打ち立てるのです。

 《太陽の塔》のみならず、太郎の生み出した作品と活動の幅そのものもまさに“ベラボーな”ものでした。太郎は画家として出発しますが、絵画や彫刻のみならず、日用品や家具、建築に至るまで、ひとつの枠にとどまらない制作活動を行います。また作品制作のかたわら、積極的にテレビやCMなどのメディアにも出演し、言葉を発信し続けました。太郎の生み出した作品は、街中のパブリックアートや、日用品のデザイン、作品をモチーフにしたグッズなどを通して、今もなお私たちの身近に存在し続けています。

 本展では、岡本太郎生誕110周年に際し、《太陽の塔》をはじめとする太郎の“ベラボーな”作品とその軌跡をご紹介します。

主な作品


・油彩 《明日の神話》《傷ましき腕》《重工業》他
・彫刻 《太陽の塔》《ノン》他
・インダストリアルデザイン 《まどろみ》他
・グッズ 《太陽の塔 ぬいぐるみ だるま風》《超合金 太陽の塔ロボ》他
・その他 《万国博・テーマ塔建設工事 原設計縮小図》《太陽の塔内部写真》他

みどころ


《太陽の塔 ぬいぐるみ だるま風》2017《太陽の塔 ぬいぐるみ だるま風》2017年 《超合金 太陽の塔ロボ》2014《超合金 太陽の塔ロボ》2014年
●《太陽の塔》グッズ、資料が大集合!
  大阪万博当時の写真や資料から《太陽の塔》を紹介するほか、《太陽の塔》から派生して作られたグッズも展示し、作品にとどまらず、様々なアイテムとして親しまれる“ベラボー”な《太陽の塔》をご紹介します。

●生誕110周年を祝し、《明日の神話》《傷ましき腕》などの油彩作品や、彫刻作品、日用品や家具まで、岡本太郎の幅広いジャンルの作品を展示!
  展示を通して岡本太郎の“ベラボーな”活動の軌跡をお楽しみください。


《明日の神話》(部分)1968 油彩・キャンバス
《明日の神話》部分1968年 油彩・キャンバス
《傷ましき腕》1936(再制作1949) 油彩・キャンバス
《傷ましき腕》1936年(再制作1949年) 油彩・キャンバス

●本展覧会は写真撮影OK!(動画撮影、フラッシュ撮影、三脚・自撮り棒・ジンバル等の器材の使用は不可)
 出品作品の中からお気に入りを見つけて、SNSでシェアしましょう。

会期

2021年10月15日 (金)-2022年01月16日 (日)

開催概要

会期: 2021年10月15日(金)~2022年1月16日(日)
開館時間: 9:30-17:00(入館16:30まで)
休館日: 月曜日(1月10日を除く)、11月4日(木)、11月24日(水)、12月29日(木)~1月3日(月)、1月11日(火)
観覧料: ●10月15日(金)~10月22日(金) ※常設展のみ開催
 一般500(400)円、高・大学生・65 歳以上300(240)円

●10月23日(土)~1月16日(日) ※企画展とのセット料金
 一般1,000(800)円、高・大学生・65 歳以上800(640)円

※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下は無料
主催: 川崎市岡本太郎美術館
同時開催: 企画展「戦後デザイン運動の原点―デザインコミッティーの人々とその軌跡」

※開催期間等は変更になる場合がございます。最新の情報は、当館ホームページにてお知らせいたします。

「生誕110周年 ベラボーな岡本太郎」PR映像

生誕110周年 ベラボーな岡本太郎

■PR動画(98秒)


当企画展のPR動画です。(無音)
映像はこちら(Youtube)(別ウィンドウで開く)

関連イベント

蘇るVR太陽の塔 ver.4


常設展「生誕110周年 ベラボーな岡本太郎」関連イベントとして、日本工業大学の学生による、大阪万博当時の《太陽の塔》をVR空間によみがえらせるプロジェクトを実施しています。
常設展示室内で上映しているVR映像の一部をゴーグル装着で鑑賞して、よりリアルなVR体験ができます!

日時:11月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)
    各日11:00~16:30 ※13日のみ13:00~16:30
場所:ガイダンスホール
    ※常設展示室では映像を上映しています。
協力:日本工業大学
料金:無料

※使用する機器の規定上、利用対象年齢を13歳以上とさせて頂きます。


<<注意事項>>
感染拡大防止対策として、以下のご協力をお願いいたします。

・展示室内の密集を防止するため、当日は整理券を配布いたします。
 体験は整理券順にご案内いたしますので、予めご了承ください。
・VRゴーグル等接触する機器はご利用ごとにアルコールによる消毒をしております。
 お客様におかれましても体験前の手指のアルコール消毒、マスクの着用など
 感染防止対策にご協力をお願いいたします。
・状況により、VRゴーグルの使用をとりやめ、映像上映のみ実施する場合があります。
 事前に当ホームページをご確認ください。

ワンポイントトーク


当館学芸員が常設展の展示解説を行います。
日 時:12月4日(土)、2022年1月8日(土) 14:00~
場 所:常設展示室
料 金:観覧料のみ