開催中の展覧会

企画展

第27回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)(2024/2/17~4/14)

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立されました。
今年で27回目を迎える本賞では、621点の応募があり、創造性あふれる22組の作家が入選を果たしました。
21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品をご覧ください。


主催:川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団

みどころ


今回の授賞式では岡本太郎賞・岡本敏子賞が各1点、特別賞10点が選ばれました。

 ※クリックすると大きな画像で見られます。

岡本太郎賞

つん《今日も「あなぐまち」で生きていく》

岡本敏子賞

三角 瞳《This is a life. This is our life.》

特別賞(10作品)



★写真撮影OK!

本展覧会は、会場内をご自由に撮影することができます。SNS等への発信も可能です。 会場や作品の写真がSNS等を通じてシェアされ、来館者と作家とのコミュニケーションのきっかけになればと考えています。

会期

2024年02月17日 (土)-2024年04月14日 (日)

開催概要

会期: 2024年2月17日(土)~2024年4月14日(日)
開館時間: 9:30-17:00(入館16:30まで)
休館日: 月曜日、3月21日(木)
観覧料: 一般700(560)円、高・大学生・65歳以上500(400)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
同時開催: 常設展「人のかたち:岡本太郎の人体表現」(会期:1月20日(土)~4月14日(日))
主催: 川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団

入選者(50音順・敬称略)

  • 池田 武史
    IKEDA Takeshi
  • 大河原 健太 OKAWARA Kenta
  • 長 雪恵
    OSA Yukie
  • 遅四グランプリ実行委員会
    OSO(Operation team of SLOW MINI 4WD GP Organization)
  • 小山 恭史
    OYAMA Yasufumi
  • クレメンタイン・ナット
    Clementine Nuttall
  • 月光社
    Gekkosha
  • 小山 久美子
    KOYAMA Kumiko
  • GORILLA PARK
  • 鈴木 のぞみ
    SUZUKI Nozomi
  • ZENG HUIRU
  • タツルハタヤマ
    TATSURU HATAYAMA
  • つん
    Tsun
  • 野村 絵梨
    NOMURA Eri
  • 林 楷人
    HAYASHI Kaito
  • フロリアン・ガデン
    FLORIAN GADENNE
  • 三角 瞳
    MISUMI Hitomi
  • 村尾 かずこ
    MURAO Kazuko
  • 村上 力
    MURAKAMI Tsutomu
  • 横岑 竜之
    YOKOMINE Tatsuyuki
  • 横山 豊蘭
    YOKOYAMA Houran
  • 李 函樳
    LI Hanxun

出品作品

  • 入選者による平面、立体、映像、インスタレーション作品 他 22点

審査員(50音順)

  • 椹木 野衣:美術批評家/多摩美術大学教授
  • 土方 明司:川崎市岡本太郎美術館館長
  • 平野 暁臣:空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長
  • 山下 裕二:美術史家/明治学院大学教授
  • 和多利 浩一:ワタリウム美術館キュレーター

関連イベント

お気に入りを選ぼう

お気に入りを選ぼう!


第27回TARO賞入選作品の中から、ご来館の皆さまにお気に入り作品を投票していただきます。
投票の結果は、当ホームページで発表するとともに、上位の作家には記念品を進呈します。

日時:2月17日(土)~3月17日(日)
料金:無料(要観覧料)
場所:ギャラリースペース
結果発表:3月22日(金)(予定)


お手紙プロジェクト

「お手紙プロジェクト」


第27回TARO賞入選作家にお手紙を書いてみませんか?展示室出口近くにコーナーを設置します。
作家からお返事がくるかも!?

日時:2月17日(土)~4月14日(日)
場所:ギャラリースペース



第27回TARO賞展示風景第27回TARO賞展示風景

第27回TARO賞入選作家リレートーク


作家によるリレートークを行います。
日時:2024年3月3日(日)・24日(日)、4月7日(日)・14日(日) 各日14:00~
場所:企画展示室
料金:観覧料のみ

◆参加作家
3月3日(日)村尾 かずこ、月光社、林 楷人、横山 豊蘭、長 雪惠
3月24日(日)池田 武史、小山 恭史、小山 久美子、クレメンタイン・ナット、タツルハタヤマ
4月7日(日)遅四グランプリ実行委員会、李 函樳、村上 力、大河原 健太、野村 絵梨
4月14日(日)フロリアン・ガデン、鈴木 のぞみ、ZENG HUIRU、つん

*都合により、変更がある場合がございます。ご了承ください。

常設展

「人のかたち:岡本太郎の人体表現」(2024/1/20~4/14)

岡本太郎《作家》1948年
 原色の鮮やかさやテーマ性が強い作品であるため、 ”人物を描く”という印象があまりない岡本太郎ですが、初期のパリ時代から晩年まで、描かれているテーマや中心的なモチーフの多くは、人の姿や顔、眼、その内面を含めた人間の在りようです。
絵の中に描き出された人々の姿は、オーソドックスな具象的な描写から、ユーモラスに擬人化されたキャラクター、ピクトグラムのように記号化されたものまで、制作時期によってさまざまに変遷しています。また絵画だけでなく、《太陽の塔》をはじめとする立体やモニュメントのモチーフにも、人の姿をかたどった作品はじつはとても多いのです。
 初期の代表作《傷ましき腕》から展開していったパリ時代の消失作品の流れも含めて、岡本太郎が描いた人のかたち、表現のヴァリエーション、その幅の広さにもぜひご注目してご覧ください。

 画像:岡本太郎《作家》1948年

主な作品

※画像をクリックしてご覧ください。
油彩    《傷ましき腕》《夜》《重工業》《作家》《美女と野獣》
彫刻    《顔》《午後の日》《こどもの樹》
レリーフ    《天に舞う》《躍進》
その他    パリ時代の消失作品原寸パネル    

みどころ


●岡本太郎が描いたさまざまな人物表現を、時代を追ってご紹介します。
 時代によって変遷していく岡本の画風を、人物の描き方に焦点を当ててご紹介する展示構成です。《傷ましき腕》《夜》《重工業》などの代表作とともに、消失したパリ時代の作品を原寸大パネルで展示することで、若き日の岡本の貴重な作例ともあわせてご覧いただけます。絵画だけではなく、彫刻作品、レリーフなどにも幅広く登場するモチーフを、ぜひ展示室で探してお楽しみください。

●作品とあわせて、岡本太郎の言葉もご紹介します。
 岡本の著作の中から、作品やテーマに関連した文章をご紹介します。《傷ましき腕》について「具象と非具象のからみあい、人間存在全体のコントンとした情感」をぶつけた作品だと述べています。若き日に哲学や民族学を学んだ岡本の描く人間像は、単なる表面上のモチーフにとどまらない、内面や葛藤の表出でもあるのでしょう。「眼にふれ、手にさわる、すべてに猛烈に働きかけ、体当りする。ひろく、積極的な人間像を自分自身につかむために。」言葉とあわせてご覧頂ければ幸いです。

●本展は、写真撮影可能です。
動画撮影、フラッシュ撮影、三脚・自撮り棒・ジンバル等の器材の使用は不可。
他の方の観覧の妨げになる撮影・過度な撮影行為はご遠慮ください。

会期

2024年01月20日 (土)-2024年04月14日 (日)

開催概要


会期: 2024年1月20日(土)~2024年4月14日(日)
開館時間: 9:30-17:00(入館16:30まで)
休館日: 月曜日(2月12日を除く)、2月13日(火)、3月21日(木)
観覧料: ●1月20日(土)~2月16日(金) ※常設展のみ開催
 一般500(400)円、高・大学生・65 歳以上300(240)円
●2月17日(土)~4月14日(日) ※企画展とのセット料金
 一般700(560)円、高・大学生・65 歳以上500(400)円
※( )内は20名以上の団体料金 ※中学生以下は無料


同時開催 企画展「第27回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」 会期:2月17日(土)~4月14日(日)

※開催期間等、変更になる場合がございます。最新の情報は当ホームページをご確認下さい。

「人のかたち:岡本太郎の人体表現」PR映像

人のかたち:岡本太郎の人体表現

■PR動画(97秒)


当常設展のPR動画です。
映像はこちら(Youtube)

関連イベント

河童帽

大・河童祭

オンラインコンテンツ・どこでもTAROアトリエで公開中の”第27弾「カンタン!河童帽」”をおうちで作って被って遊びに来ると、オリジナルシールをプレゼントします!(参加者1名につき1枚)
河童帽の作り方はこちら ⇒どこでもTAROアトリエ Vol27「カンタン!河童帽」

日時:2024年3月2日(土)・3日(日) 9:30~16:30
配布場所:美術館受付
対象:どなたでも
参加費:無料(要観覧料)


蘇るVR太陽の塔

「蘇るVR太陽の塔 Ver.6」


大阪万博で岡本太郎が担当した《太陽の塔》は、彼の代表作品として知られ、現在でも多くの人びとに親しまれています。
今回のイベントは、日本工業大学の学生が製作、再現した1970年当時の《太陽の塔》VRを見学するものです。
蘇った《太陽の塔》を体感してみませんか。

3月9日(土)・3月10日(日)11:00~16:00

★3/9・10は、ゴーグルを装着してVR体験ができます!
★常設展会期中は、常設展示室でVR体験映像の2D版上映を行います。(予定)

場所 ガイダンスホール(VR体験)
協力 日本工業大学情報メディア工学科


ワンポイントトーク

ワンポイントトーク

担当学芸員が常設展示の展示解説を行います。

日時:2024年3月10日(日)、4月13日(土)14:00~
解説:佐藤玲子 学芸員
場所:常設展示室
料金:観覧料のみ


人のカタチを描こう!

人のカタチを描こう!

太郎さんの表現する人を鑑賞し、自分なりの人のかたちを絵画制作します。
「人を描く」「人に描かれる」体験を通して、「人」に対しての考えを深め、
描く楽しさと人の作品をみて一緒に創作を楽しみましょう!

日時:3月20日(水祝)13:30~15:30
対象:小学生~大人 *未就学児は不可
定員:10名
場所:常設展示室・創作アトリエ
料金:300円+観覧料
申込:電話受付(3/6(水)10:00から受付開始)、先着順