開催中の展覧会

企画展

クルト・セリグマンと岡本太郎

セリグマン展メインイメージ
 岡本太郎(1911-96)はパリに滞在中の1933年、前衛芸術家の団体アプストラクシオン・
クレアシオン協会に参加し、多くの芸術家たちと親しく交わり、とりわけクルト・セリグマン
(1900-62)とは同協会員の中でも最も深く交流を持ちました。

 1934 年頃のセリグマンの作品と岡本の《空間》《リボン》のシリーズには、暗色の背景に
抽象的ながら量感を持ったモチーフを描き出すなど、共通する部分が多く見られます。
特に両者ともに「リボン」をモチーフとした作品を生涯を通じ制作していることから、
岡本はセリグマンの影響を濃厚に受けたといえます。
 セリグマンによる1930 年代前半の言説にも、岡本が後に提唱することとなる「対極主義」
と大きな関係があると考えられます。

1935 年には、セリグマン、岡本、ヴュリアミの3人によりパリで展覧会が開催され、
それをきっかけに「ネオ・コンクレティスム」(新具象主義)が提唱されました。

 また1936年、セリグマンがアルレット夫人と共に東京を訪問した際、パリの岡本太郎は、
父・一平に歓待するよう依頼し、一平の手配によってセリグマンは銀座・三越百貨店にて
個展を開催しました。それを機に「ネオ・コンクレティスム」は日本で脚光を浴び広く
知られることになります。

 1939 年、ユダヤ系であるセリグマンはドイツ・ナチスの侵攻を察知し、活動の拠点を
アメリカ・ニューヨークへ移します。1940 年代以降、セリグマンはパリ時代の芸術家仲間を
ニューヨークに次々に招いて紹介し、ニューヨーク派シュルレアリストの重鎮として活躍しました。
彼の尽力により、岡本太郎も同地で1953 年にニューヨークで個展を開催しています。

その後、1951年開催の読売アンデパンダン展(第3回日本アンデパンダン展)における
マーク・ロスコやジャクソン・ポロックなど27 名のアメリカ人芸術家の出品、また1956 年開催の
「世界・今日の美術展」8名16点の出品も岡本とセリグマンの友情により実現されたものです。

 本展は、岡本太郎の盟友であるクルト・セリグマンの作品を岡本の作品とともに紹介し、
岡本芸術の形成過程を探ると共に、両者の友情によって第二次世界大戦後の日本の美術界に
もたらされた影響の意義について検証する展覧会です。

主な作品

1)クルト・セリグマン《メムノンと蝶》1942 年 油彩・キャンバス 岡崎市美術博物館蔵
2)クルト・セリグマン《旅人》1933-34 年 (版画集《紋章の放浪》より)エッチング 川崎市岡本太郎美術館蔵
  Artwork reproductions courtesy of The Seligmann Center of the Orange CountyCitizens Foundation, Chester, New York.
3)岡本太郎《空間》1934年(1954年再制作)油彩・キャンバス 川崎市岡本太郎美術館蔵
4)岡本太郎《傷ましき腕》1936年(1949年再制作))油彩・キャンバス 川崎市岡本太郎美術館蔵
5)下郷羊雄《指の上のローソク》1936年 油彩・キャンバス 名古屋市美術館蔵
6)芥川沙織《顔》1954年 油彩・キャンバス 川崎市岡本太郎美術館蔵



<出品予定の作品>

クルト・セリグマン
    油彩…《メムノンと蝶》
    銅版画…《紋章の放浪》シリーズ、《水たまり》他 約30 点
岡本太郎
    油彩…《空間》《傷ましき腕》《コントルポワン》《夜》他
    彫刻…《顔》《愛》《五大陸》《太陽の塔》他 約30点
アプストラクシオン・クレアシオン協会関連作家、他の作品、約10点
イエール大学図書館所蔵の岡本=セリグマン往復書簡等(複写)約60点

みどころ


クルト・セリグマン 1936-37年頃
クルト・セリグマン 1936-37年頃
  • ●セリグマンと岡本太郎の絵画・版画作品、戦後日本の作家作品、プライベート映像、資料など約130 点を紹介。
  • ●岡本太郎に最も影響を与えた芸術家として知られるクルト・セリグマンと岡本との交流を紹介。
  • ●パリでのセリグマンとの出会いから岡本太郎が自らの創造を方向付けていく過程を、様々な作品・ 資料によりひもとき解説。
  • ●二人の作品の共通点と、その根底に共有する「ネオ・コンクレティスム」(新具象主義)の紹介。
  • ●セリグマンと岡本太郎、それぞれの「リボン」の捉え方と表現を比較。



展示構成

第1 章 クルト・セリグマンと岡本太郎
第2 章 アプストラクシオン・クレアシオン協会
第3 章 ネオ・コンクレティスムと国際シュレアリスト・パリ展
第4 章 読売新聞社主催「第3 回日本アンデパンダン展」(1951 年)と朝日新聞主催
「世界・今日の美術展」(1956 年)
第5 章 ニューヨーク・ヒューゴ画廊の「岡本太郎展」(1953 年)
第6 章 芸術は呪術であるークルト・セリグマンへのオマージュ


※企画展の写真・動画撮影はできません。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、クルト・セリグマンの国外所蔵作品は原寸大パネルの展示になりました。

会期

2020年10月24日 (土)-2021年01月24日 (日)

開催概要



会期: 2020年10月24日(土)~2021年1月24日(日)
開館時間: 9:30-17:00(入館16:30まで)
休館日: 月曜日(11月23日、1月11日を除く)、11月4日(水)、11月24日(火)、年末年始12月29日(火)~1月3日(日)、1月12日(火)
観覧料: 一般1,000(800)円、高・大学生・65 歳以上800(640)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
※常設展示とセットの料金となっております。
主催: 川崎市岡本太郎美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛: ライオン、大日本印刷、損保ジャパン、日本テレビ放送網
後援: 米国大使館
協力: The Seligmann Center of the Orange Country Foundation,Inc.,Weinstein Gallery, 堀内カラー、日本通運
助成: 芸術文化振興基金

「クルト・セリグマンと岡本太郎」 PR映像

クルト・セリグマンと岡本太郎 PR動画

■PR動画(44秒)


当企画展のPR動画です。
映像はこちら(Youtube)※音が鳴ります。(別ウィンドウで開く)

関連イベント

※新型コロナウイルス感染拡大対策のため、イベントの開催内容が変更となる場合がございます。
 事前に当ホームページにてご確認ください。



開催記念連続講義(予定)

◆第1回:「パリ時代の岡本太郎~クルト・セリグマンと岡本太郎」
 ※このイベントは終了しました
  日時:11 月8 日(日) 14:00~15:30

    クルト・セリグマンと岡本太郎の交流と作風の影響について概説します。
   特に岡本にとって重要なモチーフである「リボン」がセリグマンからの影響によるものであり、
   スイス・バーゼル市の市章に由来するものである可能性について言及します。

◆第2 回:「パリ時代の岡本太郎~《傷ましき腕》を中心に」
 ※このイベントは終了しました
  日時:11 月22 日(日) 14:00~15:30

    岡本太郎のパリ時代の代表作《傷ましき腕》は1936年に完成し、1937年のシュランデパンダン
   展に出品されたことが明確になりました。
   《傷ましき腕》を中心に、パリ時代の岡本太郎の活動について概説します。

◆第3 回:「戦後のセリグマンと岡本~1951 年と1956 年の展覧会」
  日時:12 月6 日(日) 14:00~15:30

    第二次世界大戦後に岡本太郎がクルト・セリグマンに送った1948年9月18日付の書簡が、
   イェ―ル大学バイネッケ図書館で見つかりました。
    この書簡をきっかけに、セリグマンは岡本からの要請に応えて、日本のアート・シーンに
   変革をもたらした2つの展覧会「第3回日本アンデパンダン展」「世界・今日の美術展」への
   米国在住新進芸術家の出品実現に奔走します。
    この2つの展覧会における岡本とセリグマンとが果たした役割とその意義について概説します。

◆第4 回:「『芸術は呪術である』~クルト・セリグマンと岡本太郎」
  日時:12 月20 日(日) 14:00~15:30

    第二次世界大戦後、岡本がセリグマンに初めて送った1948年9月18日付書簡において、
   岡本はセリグマンの主著『魔法の鏡』について言及しています。
    これまで看過され言及されてこなかった岡本太郎におけるクルト・セリグマンの思想的影響に
   ついて考察し、作品への反映について概説します。

◆第5 回:「太陽の塔の研究~ミルチャ・エリアーデの影響」
  日時:2021 年1 月24 日(日) 14:00~15:30

   岡本太郎による《太陽の塔》に込められた意図に関しては、多くの言説が知られますが、
  そのいずれも思弁的なものであり、実証性に欠けるものでした。
   近年、川崎市岡本太郎美術館では、所蔵する岡本太郎に関する1次資料の解析が進展し、
  《太陽の塔》に込められた意図に関する実証的解明に努めてきました。
   誰もが知っている作品でありながら、多くの誤った言説が述べられてきた《太陽の塔》に関し、
  実証的な見地から概説します。


   ※各回とも
   講師:佐々木秀憲(川崎市岡本太郎美術館学芸員)
   定員:各40 名(当日先着順、事前予約不要)
   会場:川崎市岡本太郎美術館 ガイダンスホール
   料金:無料

常設展

ウチの中の岡本太郎

岡本太郎《夢の鳥》1977年
 岡本太郎の制作活動の根底には、「芸術は大衆のもの」という考えがありました。
芸術は暮らしの中でこそ活かさなければならないと考えていた太郎は、岡本芸術の価値を下げることになると周囲が反対するのを押し切ってウイスキーのオマケとして《顔のグラス》を制作したり、ネクタイやトランプなど日頃から人々の生活に生かされるものをデザインしたりなど、多くのインダストリアル作品を制作しました。

 太郎が生前に制作した日用品やグッズのみならず、彼の没後にも引き続き多くの岡本太郎グッズが生み出されています。作品のみならず本人もそのモチー フとなるなど、これほど多くのグッズが制作されている作家は他に類を見ません。私たちは今でも身近に岡本太郎とその芸術性に触れることができるのです。

 自粛や在宅を求められる今、暮らしの中で楽しめるアートをコンセプトにした展示として、太郎が生前に手掛けたインダストリアルデザインと、死後に作られたグッズを中心に紹介します。展示を通して、生活の中で生きる太郎の芸術をご覧いただければと思います。

主な作品



<主な出品作品>

 ●油彩……《森の掟》《海辺》《犬》など
 ●彫刻……《誇り》《河童像》など
 ●インダストリアルデザイン……《まどろみ》《顔のグラス》《水差し男爵》など
 ●グッズ……太郎作品のフィギュア、太郎デザインのスニーカー、ジャージなど

みどころ


●太郎の作品の中から家具や日用品、グッズなど、暮らしの中で楽しめるものを中心に紹介。
●グッズをテーマに盛り込んだ常設展は初!太郎の作品から派生した多彩なグッズをお楽しみいただけます。
●常設展は写真撮影可能! ※フラッシュ、三脚の使用はご遠慮ください。

会期

2020年10月15日 (木)-2021年01月24日 (日)

開催概要

会期: 2020年10月15日(木)~2011年1月24日(火)
開館時間: 9:30~17:00(入館16:30まで)
休館日: 月曜日(11月23日、1月11日を除く)、11月24日(火)、12月29日(火)~1月3 日(日)、1月12日(火)
観覧料: 2020年10月15日(木)~10月23日(金)までは常設展のみ
一般500(400)円、高・大学生・65歳以上300(240)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金

2020年10月24日(土)~2021年1月24日(日)は企画展とのセット料金となります。
一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金

関連イベント

※新型コロナウイルス感染拡大対策のため、イベントの開催内容が変更となる場合がございます。
 事前に当ホームページにてご確認ください。


◆ワンポイントトーク


担当学芸員が展示内容を楽しく解説します。

日時:2020年11月1日(日)14:00~
       11月7日(土)14:00~
       11月21日(土)14:00~
解説:大杉 浩司 学芸員
場所:常設展示室
料金:観覧料のみ


◆「蘇るVR 太陽の塔 ver.3 」


《太陽の塔》の内部、外観をVR で観覧しよう!
当館では3 回目となる本イベント。前回よりさらにパワーアップし、
《太陽の塔》の地下空間もご覧いただくことができます。



日時:2020年11月21日(土)~2021年1月24日(日)
   ※展示室内のモニターでVR映像を変換した3D映像を上映します。
   ※映像はホームページからも見ることができます。
料金:観覧料のみ
協力:日本工業大学

新型コロナウイルス感染防止対策により、今回はゴーグルを
 使用したVR体験は行わず、3D映像の上映とさせて頂きます。