開催中の展覧会

太郎写真曼陀羅 ―ホンマタカシが選んだ !! 岡本太郎の眼―

岡本太郎は、雑誌連載の企画で日本各地を取材のために訪問し、文章の挿図のために自ら写真を撮り続けました。
そこには、1954年の写真家・土門拳との対談で自身が述べた通り「偶然を偶然に撮影して必然」にした像が
確かに撮影されています。岡本の写真は記録であるものが多く、それはカメラを通して岡本が対象に見出した
発見の記録だったのでしょう。

 一方、対象との特有の距離感とクールな色合いを持ち、被写体をその背景や文脈を切り離して写し出すことで
高い評価を得てきた写真家・ホンマタカシは、自身の写真について「写真を使った世界の見方をさまざまに問いかける試み」 であると語っています。

 本展覧会は、岡本が撮影した写真を中心に掲載した『太郎写真曼陀羅』(筑摩書房、2011年)をホンマタカシの視点から再構成する写真展です。ホンマが選んだ写真は、岡本が取材の対象として被写体に迫るように撮影したものではなく、街中の看板や建物、旅先で出会った女性、ふいに写り込んだ人々など、取材の合間に何気なく、ついシャッターを切ってしまったように見える写真です。そういった「なんてことない風景」の中にホンマは写真の、そして岡本の世界の魅力を見出しました。また、自身が写すだけでなく、他者が撮影した像をも取り入れて作品としてきたホンマの視線は、岡本が撮影した写真と岡本自身が写された写真を区別せず、「岡本太郎が居て、そこになんらかのコトが起こっていて、誰かがシャッターを切る。」それが岡本太郎の写真であると捉えました。多くの未発表作と岡本自身を合わせたこの岡本太郎の小宇宙ともいえるような写真群は、岡本の写真の新たな見方を発見する手がかりとなるでしょう。

みどころ


ホンマタカシ
●写真家ホンマタカシが『太郎写真曼陀羅』(筑摩書房、2011年)から選んだ岡本太郎の写真を5つの分類で紹介
●分類ごとにホンマタカシの見どころコメントを紹介
●岡本太郎が日本各地で撮影した写真と岡本自身が写された写真を紹介

※本展覧会はすべての作品の写真撮影が可能です。(動画撮影、フラッシュ撮影、三脚・自撮り棒・ジンバル等の器材の使用は不可)
 出品作品の中からお気に入りを見つけて、SNSでシェアしましょう。




主な作品


会期

2021年07月17日 (土)-2021年10月11日 (月)

開催概要

会期: 2021年7月17日(土)~2021年10月11日(月)
開館時間: 9:30-17:00(入館16:30まで)
休館日: 月曜日(8月9日、9月20日、10月11日を除く)、8月10日(火)、9月21日(火)、24日(金)
観覧料: 一般900(720)円、高・大学生・65歳以上700(560)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
助成: 一般財団法人地域創造

「太郎写真曼陀羅」PR映像

太郎写真曼陀羅 タイトル太郎写真曼陀羅

■PR動画(70秒)


当企画展のPR動画です。(無音)
映像はこちら(Youtube)(別ウィンドウで開く)

関連イベント

ワークショップ 「ささいここうちくく」


岡本太郎の写真をプリントした紙を様々な形状にカットし、
写真家・ホンマタカシと一緒に「再構築」して新しいイメージを制作します。
会期中、完成した作品はギャラリーにて展示予定です。

日 時:8月22日(日) ①13:00~14:30 ②15:00~16:30
講 師:ホンマタカシ(本展監修者・写真家)
対 象:小学生以上
定 員:各回10名
場 所:創作アトリエ
料 金:500円(観覧料別)
申 込:電話受付(8/3(火)10:00から受付開始)、先着順


対談 ホンマタカシ×椹木野衣



ホンマタカシ(本展監修者・写真家)と椹木野衣(美術批評家)が岡本太郎の写真について語ります。

日 時:9月12日(日) 14:00~15:30
定 員:40名程度
場 所:ガイダンスホール
料 金:無料(要観覧料)
申 込:事前予約不要(当日先着順)