taro
川崎市岡本太郎美術館
english
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
 
  企画展 開館15周年記念展 「TARO賞の作家U」
大巻 伸嗣  タムラ サトル  天明屋 尚  藤井 健仁  ヤマガミ ユキヒロ
taro
  岡本太郎
 
2014年10月18日(土)〜2015年1月12日(月祝) 詳細情報
 
 岡本太郎の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代に鋭いメッセージを突きつける芸術家を顕彰するため創設されたTARO賞(岡本太郎現代芸術賞)。これまで17回を数えるTARO賞から、国内外で活躍する作家を数多く輩出してきました。
 岡本太郎美術館では、入選者を紹介するTARO賞展を第4回より毎年開催してきましたが、過去にはTARO賞展と同時期に、また現在は「TARO賞の作家」シリーズとして、受賞作家を紹介する展覧会を開催しています。...
 
 
 
  常設展 「岡本太郎の沖縄」
sefautaki
  《斎場御嶽(沖縄県知念)》
1959年11月23日撮影
ゼラチン・シルバー・プリント
 
2014年10月9日(木)〜2015年1月12日(月祝) 詳細情報
 
 岡本太郎は、1959年11月16日から12月2日まで、沖縄を訪問し、各地に残る沖縄独自の文化に触れ、その印象を、1961年には著書『忘れられた日本〈沖縄文化論〉』として発表しました。また、1966年12月24日から30日まで、沖縄を再訪し、久高島にて、12年に一度、午年に行われる女性だけによる神事「イザイホ―」を取材してもいます。この二度の沖縄訪問は、岡本にとって大きな意味があり、その後の創作活動に大きな影響を与えたと考えられます。岡本にとっての「沖縄」とは如何なるものであったのでしょう。...
 
 
  イベント 「ギャラリートーク」「キッズTARO展、岡本太郎の「学ぶ字」に挑む」「岡本太郎スケッチ大会」「ちいさなな子のためのおやこギャラリーツアー」 詳細情報
 
お知らせ  
<空>
第18回岡本太郎現代芸術賞入選者決定。 詳細はこちらから
シンボルのモニュメント《母の塔》がよみがえります。
各種図録・グッズ等の通信販売について
川崎市岡本太郎美術館CMはこちら  
TARO MAP(首都圏)について
※PDF版のダウンロードができます
TARO MAPのiPhone/iPadアプリ登場
詳細はこちら
taromap
お問い合わせ  
〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL 044-900-9898 FAX 044-900-9966
 
交通案内・地図
サイトマップ
リンク集
川崎市ホームページ
 
このホームページに掲載した情報、
画像を無断で使用することを禁じます。
 
このホームページに掲載した情報、画像を快適にご覧いただくために最新のFlash Playerをダウンロードすることをお奨めします。
 
flashplayer
 
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI